ミネラルウォーターの素・サンゴの力 老化させる水と若返りの水

ミネラルウォーターをつくる「サンゴの力」トップページへ
ミネラルウォーターをつくるサンゴの力・体験キット1000円!
   
   
・体験キットのお申込み
 
サンゴの力ご注文
 
   
 
   
非常識で役立つ健康情報 そら通信
そら通信 「非常識で役立つ健康情報」を毎月発信! ネット情報誌 『そら通信』
お支払い方法はこの2種類
クロネコペイメント
★お友達にメールで教える
★お気に入りに追加
ミネラルウォーターをつくる
「サンゴの力」は、弊社の
独自製品です。
(特許庁商標登録済み)
No.4 老化させる水と若返りの水
 
 
昔話に、ある泉の水を飲むと若返るというのがあります。また、フランスのルルドの水は、それを飲むと老化しないという伝説があります。それでは、どうしてこのようなことが言えるのか、少し科学的なことでお話していきたいと思います。

水の性質をあらわす指標のひとつに「酸化還元電位」というものがあります。ちょっと耳慣れない言葉かもしれませんが、やさしく説明すると次のようになります。

酸化とはエネルギーを放出すること。身近な例だと、釘が古くなると錆びたり、皮をむいたリンゴをそのまま置いておくと表面が黒くなったりしますね。あれが酸化の現象です。同じように、飲み水でも「酸化還元電位の高い水」は酸化のはたらきが強く食品などの腐敗を早めたり、また、このような電位の高い水を飲み続けると健康に悪い影響を与える可能性があるようです。

では逆の還元の作用は?というと、酸化とは反対にエネルギーを蓄える方向にはたらきます。還元の力をもった水、すなわち「酸化還元電位の低い水」が、元気で若々しく、また健康によい飲み水と言われています。実際にも、全国のいろいろな水の水質を調べてみると、名水といわれるほど「酸化還元電位の低い水」になっています。

下記の表を見てください。一般的に水質が良くないといわれる大阪の水道水は、酸化還元電位が750mVと最も電位の高い水となっています。東京の水道水は565mV。その他の地域を見ても、やはり水道水は全般的に電位が高いことがわかります。それに比べて天然水や湧き水といわれる水は、電位が低いのです。屋久島の縄文水は330mV、北海道の羊蹄山の湧き水は220mVとなっています。

 
 
ミネラルウォーターをつくる「サンゴの力」を水道水に入れて塩素を消すことによって、まず酸化の力を弱めます。さらに、サンゴのミネラルが溶け出すことでさらにアルカリ性となり、酸化還元電位が低くなります。電位が630mVの水道水に「サンゴの力」を加えて実験したところ、入れたと同時に電位はぐんぐんと下がり、25mVとなりました(平成18年12月28日さいたま市の水道水でテスト)。つまりは、「サンゴの力」が酸化水を還元水に変えたということです。いわば昔話やルルドの水ように「若返りの水!」みたいになったわけですね。

(文責監修 理学博士 永島昌和)

 
<いろいろな飲料水の酸化還元電位>
各地の水 還元電位
大阪府・南区(水道水) 750mV
下関市(水道水) 647mV
鳥取市(水道水) 619mV
福岡市(水道水) 580mV
東京都・港区(水道水) 565mV
広島市(水道水) 551mV
茨城県・守谷町(水道水) 500mV
富山市(水道水) 460mV
屋久島/縄文水 330mV
新潟県/天下甘露水 280mV
神戸/六甲のおいしい水 270mV
神戸/六甲の名水 230mV
北海道・羊蹄山/湧水 220mV
電位630mVの水道水にサンゴの力を加える 25mV
 
前の豆知識へ 次の豆知識へ
はじめての人のために…
オトクに試せる「サンゴの力・体験キット」のご案内
ミネラルウォーターの素サンゴの力
ミネラルウォーターをつくる「サンゴの力」このページtop
 
「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム ご愛用者の声
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 メールマガジン ミネラルウォーターの素サンゴの力トップページ
ミネラルウォーターの素・サンゴの力
そら株式会社 sora@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: 0120-54-8224 FAX: 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
ミネラルウォーターをつくるサンゴの力トップページへ