ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」91号 2007年11月号

-----------------------------------------------------------------------------
知っているようで、知らない・・・!?
カルシウムの大事さ! 不足の恐さ!
----------------------------------------------------------------------------
 例えば経済的な理由などから、たった一つのサプリメントしか購入できないとしたら、Dr.ナガシマは迷うことなくカルシウムを選ぶだろう。それほど「カルシウム」は基本的、かつ重要な栄養素であり、また不足しやすい栄養素でもあるのだ。

 その一方で、けっこう多くの人が「自分はカルシウムが摂れている」と思っているらしい。ところが、食事だけで十分なカルシウムを摂るというのは、ほとんど不可能にちかいものがあります。事実、毎年の国民栄養調査でも、唯一カルシウムだけが不足すると報告している。
 そして、どのぐらい不足しているかというと、推定1000万人にも達するという骨粗鬆症の患者数の多さが、そのことを物語っていますね。しかも女性の患者数が800万人と、男性の4倍を占めることが大きな問題です。つまり骨粗鬆症は女性特有の病気といっても過言ではない。女性が寝た切り要介護になってしまう重大な原因にもなっています。

 もちろん男性も骨粗鬆症にはなりますよ。ですが、それは70〜80歳近くにもなる高齢になってのこと。女性のように50歳代で急増することはありません。
 なぜ女性に、しかも、まだこれからという年齢で骨粗鬆症が急増するのか? その原因もハッキリしていますよね。閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少です。そこにカルシウム不足が重なれば、よけいに骨粗鬆症になりやすくなってしまう。
 そういった現実がありながら、「カルシウムはしっかり摂っていますよ」と話す女性がけっこういますね。では、どのように摂っているかといえば、やはり牛乳やチーズなどの乳製品と答えるひとが断トツに多い。

----------------------------------------------------------------------------
牛乳でカルシウム補給・・・
あなたの場合は?
----------------------------------------------------------------------------
 しかしながら、牛乳などの乳製品でカルシウムが補給できることについては、否定的な意見を述べる学者や専門家達がいることも事実です。

牛乳に含まれる「動物性たんぱく」が問題
 米国コーネル大学のコリン・カンベル名誉教授は、米国人の骨が弱いのは、牛乳の量が少ないのではなく、飲みすぎだと指摘。牛乳に含まれる「動物性たんぱく質」の影響でカルシウムの量が減るのが原因という。

なぜ、牛乳のカルシウムが骨粗鬆症の予防にならないのか?
 牛乳消費量の多い国民は牛乳に加えて肉・チーズなどの高タンパク食品の摂取も多い。これらは酸性食品といわれ、体液の酸・塩基平衡を酸性側に傾ける傾向にある。そうすると、こうした酸は腎臓から尿中に排泄しなければならないが、腎臓はpHが5以下の尿を排泄することができないために直ちにアルカリによって中和する。この中和に用いられるアルカリ源としてカルシウムが消費される。
 一方、体内のカルシウムの99%は骨に存在するが、この骨にあるカルシウムが溶かされて使われるようになる。その結果として骨がスカスカの骨粗鬆症になる。

牛乳を飲む量を増やしても骨の強化にはつながらない
 ワシントンにある「責任ある医療を求める医師会(PCRM)」は、カルシウム摂取と骨の強度の関係を調べた37の研究内容をまとめた。その結果27の研究が、牛乳を飲む量を増やしても骨の強化にはつながらないと結論していることが分かったという。

牛乳の飲み過ぎが、ぎゃくに骨粗鬆症を多発させている
 世界ではじめて大腸内視鏡でポリープ切除に成功したアルバート・アインシュタイン大学の新谷教授は、25万人以上の腸内検診の経験から、「牛乳が現代の難病をつくった」として、悪しき牛乳信仰を問題視している。
 健康な人の胃腸は生まれたての赤ん坊のようにきれいで美しいが、不健康な人の胃腸は汚い。そういった腸相の悪い人は、きまって小さい時から牛乳をたくさん飲まされ、チーズ、ヨーグルト、肉などを毎日食べている−と述べ、また、「牛乳の飲み過ぎ」が、ぎゃくに骨粗鬆症を多発させているとして、世界の中で骨粗鬆症が牛乳を多く飲む国に多い例を掲げている。

牛乳からカルシウムが吸収されていない可能性がきわめて高い
 宮崎大学の島田教授は、その著書「食と健康を地理からみると」のなかで、牛乳のカルシウム補給食としての問題点を指摘している。
−日本人のようにラクターゼ(乳糖分解酵素)を分泌しない人々にとっては、カルシウムの供給源としての牛乳摂取の意味を疑わせるものである。例えば、学校給食にはミルクというものに非常に重点を置いているが、小学校の入学時には、既にラクターゼを分泌しない年齢に達しており、いくつかの研究から考えられるように、牛乳からのカルシウムが吸収されていない可能性がきわめて高い。
こうした否定的な意見に対して、当然、従来の考え方を踏襲して「それはおかしい!牛乳は立派なカルシウム補給食である」という反論も多くありますね。でも、どうでしょうか・・・?

 ひとの健康は、法律のように「疑わしきは罰せず」では済まされないんですね。「疑わしきは罰する」ものでなければならない。なぜなら、もしも牛乳否定派の意見が正しくて、牛乳ではカルシウムが補給できなかったとしたら後の祭りです。その結果として、骨粗鬆症につながってしまえば取り返しのつかないことになります。
 しかも現実問題として、世の中で、これほど牛乳や乳製品をすすめられているにもかかわらず、骨粗鬆症が減るどころか増えてきてしまっていますよね。さて、あなただったらどうお考えになりますか?

----------------------------------------------------------------------------
体調が悪いのは、まず
カルシウム不足では?
----------------------------------------------------------------------------
 Dr.ナガシマの場合、この仕事をはじめてから十数年、ほとんど牛乳を口にしたことがありません。なぜなら、どう考えてみても牛乳でカルシウムが摂れるとは信じがたく、カルシウムの勉強をすればするほど、なおさらその考えが強くなっていくからです。そして気になるのは、牛乳には動物性脂肪が多い。つまりダイエット(メタボ対策)には適さない食品であると思われる。

 このため、カルシウム不足への対策として、努めて「天然性のサンゴカルシウム」をサプリメントとして補給するようにしています。特に、この天然性というところが気に入ってるんですね。なぜなら、他のクスリみたいなカルシウムと違って、人体にやさしく摂り過ぎの心配もほとんどない※。また、吸収性もよい−カルシウムの特徴として、たとえ食品から摂るカルシウムであっても、なかなか吸収しにくいことがあります。
※「日本人の食事摂取基準(2005年版)」では、カルシウムの1日上限量は2300mgです。

 こうして、そら製品の多くにサンゴカルシウムが配合してあるんですね。つまり、どの製品からでも、なるべくカルシウムを豊富に補給できるように考慮されています。
 ところで、カルシウム不足の恐さというのは、ビタミンなどの他の栄養素とは比較にならないぐらいに「恐い」ところがあります。ビタミンだったら、不足すればすぐに症状に出る。例えば、ビタミンB2不足の場合には口内炎ができやすくなるとか、ビタミンC不足の場合には歯茎から出血しやすいとか。だから症状に応じて、これらの不足したビタミンを補えばすぐに改善することが可能になります。
 ところが、カルシウムの場合はそうはいかない。自覚症状は、すぐには何も出ない。しかも、密かに、長期的に、着実に進行していくために中々気づくことができない。

 なぜこうなっているのか、というと・・・、
「カルシウム不足になっても、カルシウムを不足させない!?」という特別の機能が体に備わっているからです。
 つまり、血液中のカルシウム濃度が低下すると、カルシウムの貯蔵庫である「骨」からカルシウムを溶かし出して補うシステムができあがっている。この仕組みがどうしてできたのか? の話をしだすと、それこそ、今回の号には収まらなくなるので、簡単にご説明しておきます。

 魚などの海の生物には、こうした仕組みはありませんね。なぜなら海水中にはカルシウムが豊富にあるので、カルシウム不足にはならないんです。ところが陸上生物に進化した、すなわち人間をはじめとしたほ乳類には、海水というカルシウムの供給源がなくなってしまった。その対策のためにつくられたシステムが、カルシウムを骨に貯蔵しておくことだった。こうしておけばカルシウム不足になったら、いつでもカルシウムを骨から引き出すことができる。

 つまり、カルシウムというのは、体内にこういう仕組みをつくっておかなければならないほどに重要な栄養素なんですね。多くのひとは、このような仕組みのことを知らないから、カルシウムを他の栄養素と同等に扱ってしまう。

 例えば、カルシウムが全然無くなったら、心臓はたちどころに停止してしまいます。 脳神経も機能しなくなる。すなわち、すぐに死ぬことになる。それじゃ困るから、カルシウムだけは一瞬たりとも不足させないための機能が働いている。つまり、骨からカルシウムを溶かし出す。
 これがビタミンなんかの他の栄養素であれば、病気にはなっても、すぐに死ぬことはないから、こういう機能はもっていませんね。食べることで外部から取り入れられればいい。

 もし、ここで・・・、
「なんだ、カルシウムにそんな機能があるんだったら、あまり心配いらないんじゃないか」と思われたとしたら、ひじょうに浅はかと言うしかありませんね。

 冒頭でも申し上げたように、いろいろある栄養素の中で唯一カルシウムが不足しているんです。
 平均での話ですが、現在の日本人の摂取量は1日570mg程度。その不足量は厚労省基準の1日600mgと比べるとマイナス30mg。この僅か30mg(0.03g)でも毎日不足していると、1ヶ月で1g、1年間で12g不足になる。
 骨粗鬆症というのは、若い時の骨量と比べて30%減ったら、その診断が下されます。だから、女性の場合だったら骨全体のカルシウム量が約800gあるので、240g減ってしまったら骨粗鬆症ということです。つまり・・・、240g÷12g=20年間も、この生活を続けていれば、完璧な骨粗鬆症になってしまうわけです。
 近年問題となっているのは、若年層のカルシウム不足が著しいこと。例えば、20歳ぐらいからカルシウム不足の生活を続けていると、すでに40歳ぐらいで骨粗鬆症になってしまうことになる。実際、女性の40歳代での骨粗鬆症の罹患率は5%ちかくあります。

 いかがですか? カルシウム不足って本当に恐いでしょう。えっ、まだわからないの!
 女性の寝た切り要介護の第1位の原因は脳梗塞。第2位は骨折なんですよ! 骨粗鬆症を引き起こせば、寝た切りになる危険性は大きいんですね。
 ぜひ、カルシウムを豊富に摂ってください。

サプリメントも利用して1日1200mg(食事+サプリメント)を目標にしていただけたらいいと思います−今の食事だけで、これだけのカルシウム量を補給するのは無理です。サプリメントの活用をおすすめします。
また、もし、いろいろな健康食品を飲まれているのなら、何をさておいてもカルシウムを最優先してください。でなければ、本末転倒ということです。

 話は変わりますが・・・、「珊瑚の恵」を使っているお客さまから、疲れがとれるようになった! 朝の目ざめがいい! 風邪をひかない! なんていうお声をいただきます。でも、それはカルシウムの機能からいったら当然のことなんですね。
 何度も言いますが、カルシウムの第一の目的は骨のためにあるのではありません。(骨は)体内のあらゆる生命活動に使われる大切なカルシウムの貯蔵庫なんです。例えば、免疫もカルシウムがなければ働きません。だからこそ、骨を削ってでも(血液中に)カルシウムを補おうとするんですね。

 常日頃体調が悪いのに病院に行っても原因がよくわからない。そういうのを不定愁訴(ふていしゅうそ)っていいますね。これも、カルシウム不足から起きている場合があります。そこで、カルシウムを補給すると体調が良くなる可能性が考えられるんです。

 どうも普段調子が悪いという方でも、ぜひ一度、カルシウムを豊富に摂ることを、お試しいただきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------
言わんこっちゃない!
野菜ジュースの問題が指摘...
----------------------------------------------------------------------------

 以前から「そら通信」などで、市販野菜ジュースに問題があることを述べていた
が、やっぱりそうだったんですね。
野菜一日これ1本  充実野菜
野菜生活100  一日分の野菜
朝の野菜  野菜不足解消してね!

 上記のような商品名で売っていた野菜ジュースが軒並み「野菜不足だった!」とは。
この新聞記事の内容を見ると・・・・・・
1.(野菜ジュースの)表示に問題があるとして消費者団体の主婦連合会は公正取引委員会と厚
労省に実態調査をするように申し入れた。
2.緑黄色野菜(1日目標量120g)を食べると、▽総カロテン3640μg▽カリウム480mg▽カル
シウム70mg▽マグネシウム30mgを摂れるとされる。
 一方、市販の野菜ジュース35銘柄の分析では、総カロテンは15銘柄で目標量を下回り、うち2銘柄はゼロ。ビタミンCとカルシウムは33銘柄が下回った。カリウムで24銘柄、マグネシウムも30銘柄が目標に届かなかった。
 
 また、このことに関しては国民生活センターでも栄養成分など調査した結果として警告を出していることを申し添えておきます。 だから言わんこっちゃない!

----------------------------------------------------------------------------
カルシウムと骨粗鬆症の関係は?
本当のからくりを知っていますか?
----------------------------------------------------------------------------

骨は毎日入れ替わっている!
 骨というのはずっと変わっていないように感じますが、実はそうではありません。日々消耗され(破壊)、そして修復され(再形成)ということを繰り返しているのです。若いときはこのバランスがとれていますが、歳を取るにつれてこのサイクルが追いつかなくなってくるのです。破壊のほうがどんどん進むわりには、修復するほうが間に合いません。

 こうして、骨の網の目のような組織がスカスカになってしまい、骨がもろくなってしまった状態を骨粗鬆症といいます。こうなると骨が衝撃に対して弱くなっていますから、骨折もしやすくなります。転んで手をついたり、ひどく骨粗鬆症がすすんだ場合にはくしゃみをしただけで、骨折してしまうケースもあります。足の付け根(大腿骨)を骨折すると、そのまま「寝たきり要介護」になる率も高いですね。それが証拠に、高齢者の「寝たきり要介護」の原因をみると、1位が脳梗塞、2位が骨粗鬆症となっています。たかが骨のこととあなどれません。

骨粗鬆症、女性は男性の4倍
 女性の骨の量は、25歳をピークに減り始めます。女性はもともと男性に比べて骨格が小さく骨の量が少ない(骨に蓄えているカルシウム量は約800g)のに加え、月経、妊娠、出産、授乳など一生を通じてカルシウムを男性より消費します。50代に入ると閉経が訪れ、閉経すると「エストロゲン」という女性ホルモンの一種の分泌が著しく低下してきます。

 このエストロゲンは、骨にカルシウムが沈着するのを助けるホルモンと言われています。つまりこの大事な役割をしていたエストロゲンが減ってしまうために、閉経後は骨量の減少にますます拍車がかかってしまうのです。70代ともなると、ほとんどの女性は骨粗鬆症が心配になってくると思いますが、一般的に70代の50%くらいはすでに骨粗鬆症にかかっているといわれています。

高齢者は吸収率20%!
 「カルシウムは何のために必要なんでしょう?」ときくと「骨を丈夫にするため!」と答えるひとが多いですね。でも、これは正確には違うんですね。カルシウムは血液の中にもある一定量が流れていて、生命活動においてさまざまな働きをしています。たとえば、筋肉を収縮させたり、神経細胞を興奮させたりします。また、ホルモンの分泌や血液の凝固にも関わっています。驚くことには、細胞分裂もカルシウムがはたらいておこります。このように、カルシウムが無いと生きていけないと言っても言い過ぎではないのです。

 そこで“骨”となるのです。実は骨というのは、カルシウムの貯蔵庫。血液中のカルシウムが足りなくなると、副甲状腺ホルモンが指令をだして、骨に貯めておいたカルシウムを溶かして血液に送り込むのです。ただ、これで安心していてはいけません。なぜって、骨に貯金してあるカルシウムは無尽蔵ではないのですから! だいたい25才から30才くらいまでに骨が出来上がり(骨量が最高)、あとは下り坂に減っていくばかり。

 骨に蓄えられるカルシウム量は男性で1s、女性では800mgしかありません。考えてみればすぐにわかりますね。カルシウムを十分に摂取しないと、骨のカルシウムをどんどん溶かしてしまい、使い果たすことになります。それが「骨粗鬆症」です。骨粗鬆症にならないためには、カルシウムを一日1000〜1500mg摂取する必要があります。それも毎日! 骨は日々新陳代謝を繰り返しているわけですからね。

----------------------------------------------------------------------------
人間ドックで“脂肪肝”といわれて!
そらさんのダイエットなら
安心かな、と思った
----------------------------------------------------------------------------
生活は変わってないのに
太るし、脂肪肝にもなるし・・・
 去年の人間ドックで、「脂肪肝があります!」って。以前から毎晩晩酌はしてたし、初めてそんなこと言われてびっくり。生活は何も変わってないのにな、と・・・。
 ただ、体重も増えてきてたんで、以前から気になっていたBOSSダイエットをやってみようと思ったんです。最初のカウンセリングで新藤さんに、「こうして何も生活は変わってないのに、なんで太ったのかしら?」って聞きましたら、年齢とともに代謝が落ちてくるので、同じような食生活でも太るんですよ、って言われて「なるほど」と思いました。健康とかダイエットとか、そういった分野は、ちっともわからなくて。

 BOSSダイエットをやって、半年で2sちょっとやせて、今はこれぐらいで維持すればいいかなと思えるぐらいになった。今年のドックでは、脂肪肝もわずかに残っている程度になっていました。

ー教員は何年していらっしゃるんですか?
 33年ですね。最初の20年は盲学校の教員でした。それから養護学校に移って13年。長いですけどあっという間でした。
 好きだから続けてこられたし、辞めたいなんて全然思ったこともなかった。高校生のとき、戦争孤児の施設を舞台にした「鐘の鳴る丘」という映画を観てね、親のいない子ども達のお世話をしたい!と思ったの。最初に児童相談所に3年間勤めたんだけど、そこでの仕事は子供を観察して、そこからいろんな施設に送ることで、私がほんとうにやりたかった仕事じゃなかったの。子供に直接接することができなくて、つまんないなと思って、盲学校に移った。

 卒業させた子が独立して、うちの近所に鍼灸治療院をひらいたりして、今でも生徒達と交流があるんです。私を今でも頼ってきてくれるので、うれしいですよね!

体調が悪くても、健康だと勝手に
思いこんでいた
ー食事がちょっと問題でしたね。
 そうですね。夜はほとんど食事らしい食事はしないし、朝はコーヒーだけ。学校の給食だけが、私の唯一の“栄養源”だったんです!

 それでずっと何年もきてましたから。お腹が空くってこともなかったんですよね。ふつう、ストレスでよけいに食べちゃうっていいますけど、私はそれはなかったですね。毎晩の晩酌は楽しみだったですけどね(笑)。

 息子がいますから、夕食の支度は「息子のために栄養考えて食べさせなきゃ」って気持ちで作ってましたね。私はお酒をちびちびやりながら、息子が残したのをつまみに食べる程度。料理作ってると食べたくなくなっちゃうんですよ。ずっとそんな食事だったから体重も54sで変わらなかったのかしらね。

ー学校給食というとそれほどカロリーは高くないですよね。600kcalくらいでしょうか? 朝がコーヒー、昼は給食、夜はお酒とおつまみ、これではきっとカロリー的にも栄養も足りてなかったですね。いつも偏頭痛があったり、体調が悪かったそうですが、栄養のバランスが悪かったんじゃないでしょうか?
 そうかもしれない。たしかに栄養不足だったと思います。6年くらい前からよく頭痛がして、バファリンが手放せなくて、なんでだろう? なんでだろう?って不思議に思ってた。「顔色が悪いよ」って、よくひとにも言われたし。でも、毎年の人間ドックで異常はないし、仕事を休むほどではないので。病気じゃないから健康だと勝手に思いこんでたのね。

 そういえば、昔こんなことがあった。父が心臓病で亡くなったときに私すごい痩せちゃったんですね。そしたら、母が心配して「もしかしたら和子はガンかもしれない」って医者に行ったら、栄養失調だったの。お医者さんから「と

もかく米を食べなさいよ」って怒られたのを憶えてる。ショックで食事が食べられなかったんですよね。

ーもともと、わりあい粗食でいらっしゃるのかもしれないですね。それに、あまり食にたいしてこだわりが無いとか。
 そうですね。食べたいという欲求は、ひとより弱いかもしれない。あれば食べる、みたいなかんじで(笑)。
 でも高校生のときは57sありましたし、プリプリした体格で、ソフトボールもやってて健康的だったんですよ。50才過ぎたあたりからですね、調子が悪くなったのは。

昼の学校給食をどうするかが問題だった・・・
ー給食があるので、昼はBOSS法どおりに出来ないけどとご心配されてましたね。きちんと結果をだすためには、もちろん基本が重要ですが、大嶋さんの場合、ちょっとアレンジする必要がありましたね。
 給食を今まで通り全部食べてたら600kcalくらいになってしまうので、カロリーの高いおかずを残すという方法をとりましたね。
 給食は食べないわけにはいかないので、そうやって工夫して出来るって言ってもらったので、安心しました。子ども達にもちゃんと食べさせる指導をする側だから、給食を残すっていうのがうまくできるかどうかと思ったけど、案外すんなり出来たのでよかった!

BOSSダイエットの体験談も
はじからはじまで全部見た!

2年前に40代の女の先生が赴任してきて、そのひとがやたら間食が多くておやつを食べるのね。お菓子とかケーキとか持ってくるんですよ。一緒に通販で頼みましょうよと誘われたり。私がやせてるもんだから「大丈夫だから食べろ食べろ」って勧められて。

 私は以前はおやつなんて食べる習慣無かったのに、その先生につられて、おやつの習慣がついちゃったのね。そうか! それが太った原因かもしれない。今気付きましたよ! そのひとがやってきたのが2年前、太ったのもここ2年だから、ちょうど一致する(笑)。
 そのひとから「トシとれば段々やせるんだから平気よ」なんて言われたけど、そんなことなかったわ。太っちゃったじゃない!

ートシとったらやせるなんてとんでもない! まわりを見てくださいよ。中年の女性で太っているひとは多いですよ。その方も太っていませんか? 多分ご自分と同じに太らせたいのではないですか(笑)。
 そうかもしれない! たしかにお太りになってます(笑)。
 私ずっと54sだったのが、この2年で4s太って「ああ〜太ったなあ」って。あんまり顔にでないんですけど、お腹周りがすごかったんですよ。ふだん学校でジャージで過ごしてるので、それほど気にならなかったけど、卒業式、入学式で久しぶりにスーツ着たら「えーこんなにきつくなってる!」ってあせっちゃって。

 もう何年も前から「サンゴの力」を使ってましたし、BOSSダイエットのことは、そら通信でもたびたび読んでいました。やってみようと思って、今回初めてインターネットのホームページを真剣に読んだんです。体験談もはじからはじまで全部見た。
 皆さん体脂肪がちゃんと減ってたし、声を読むと「意外と簡単そう!」と思いました。そらさんの製品を使ってもう長いですし、情報はいっぱい頭にはいっていたし、信頼できると思って。

息子も
サプリタイムの愛用者に・・・
ー高校二年生の息子さんもサプリタイムの愛用者だそうですね。
 朝栄養が摂れて、息子にもいいかなと思って飲ませるようにしたんです。息子もお腹がすかないと言ってすすんで飲んで学校に行きます。最初は鼻をつまんで飲んでましたが、今は慣れて「サンゴの水」ともども気に入ってます。
 びっくりしたのが、以前よく下痢に悩まされていたのが、それがなくなったそうです。神経的なものなのか、市販薬の「ストッパ」をしょっちゅう飲んでたんですが、サプリタイムを飲むようになって、まったく下痢しなくなった。 あと小さい頃から喘息持ちで、ステロイド薬をずっと飲んでいたんですが、最近数値がよくなって、薬を飲まなくてもいいってお医者さんに言われて喜んでます。
                   
2007/10/6 インタビュー
       チーフカウンセラー
新藤律瑚(食品保健指導士)

----------------------------------------------------------------------------
「メタボ」の解消には・・・
夕食をたっぷり食べて!!
----------------------------------------------------------------------------
こんなことしていませんか? これでは“メタボ解消”はむずかしい!

腹八分目・・・昔からよくいわれることですが、とても漠然としていますね。もともと過食気味のひとに「腹八分目」だといったところで、すぐにカロリー低減には結びつかない。また、個人差もあります。ぎゃくに無理に食事を控えて、結局はお腹がすいて間食をするようでは元の木阿弥。

運動・・・30分歩いても消費するカロリーは200カロリーしかない。しかも、過体重のまま運動するのは心臓、足、ヒザなどに負担が大きすぎて、あまり好ましいとはいえません。さらに、仕事で忙しい人などに運動で痩せろというのはしょせん無理なことではないか?

夕食を制限する・・・ “夜食べると太る”と思い込み、我慢したり、簡単に済ませたりなんてしていませんか? 夕食は1日の中の最も大切な食事。それをいい加減にしておいてダイエットに成功できるわけがありません。また、これでは栄養不足でますます内臓脂肪が増えて、肥満しやすい体質になってしまいます。

「はだのさぷり」お客様の声
お客様の声は、毎日届いています!
 ご家族、お友達、ご近所のお知り合い…まだ何も知らずに水道水を、そのまま飲んでいる方がいます。そのなかに「サンゴの力を教えてあげたい!」という方がいらっしゃいませんか! 
 サンゴの力を入れるだけで「手軽に塩素が取れて、アルカリ性のミネラルウォーターがつくれる!」。こんなステキなことを、ぜひ教えてあげませんか。
サンゴの力の内容がよくわかる「サンゴの力体験キット(1,000円)」のことを教えてあげてください。
お知り合いが、「サンゴの力体験キット」をお申し込みになると、 ご紹介者のあなた様に「サンゴの力30リットル分(右写真)」をお送りいたします。
※ご紹介者の方にサンゴの力(製品)の購入経験があることが条件になります。
《申し込み方法》お電話、FAX,ハガキ、インターネットで。紹介者欄への記入をお忘れ無くお願いいたします。
 相手の方の了解をいただいた上、あなた様が代理でお申し込みいただいても結構です。
 お支払い方法は、@代金引換A後払いBクレジットカード払い(インターネットのみ) から選べます。
『塩素の水を飲んでいるお友達を救ってあげよう!』について
フリーダイヤル 0120−54−8224

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ