ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」58号 2005年1月号



あなたの理想の栄養バランスをサポート
「サプリタイム」誕生<


シントウ なぜ「サプリタイム」をつくったんでしょうか?

ナガシマ やはり、「サプリタイム」のような製品が現代人の健康の維持・増進には不可欠だと考えたからなんです。

 プロミクスというのは当初、ダイエット食品として開発したわけですが、最近では栄養補助食品として、外食の多い方や高齢の方などにも使われるようになってきました。5大栄養素中のタンパク質、ビタミン、ミネラルという3大栄養素が入っているわけですからね。
 これらの栄養素はとくに不足がちになるんです。
こうなるとダイエット食品というよりも「現代人の栄養バランスを計るための総合栄養補助食品」という考え方になってきた。しかも、たんなる毎日の必要な栄養量の不足を補う、というのではなくて、 オプティマル・ヘルス(optimal health 最適の健康)を追求するような、さらに上の健康を目指すほうがいいとなった。この場合には、プロミクスの栄養量ではちょっと物足りなくなります。つまり、プロミクスというものが土台にはなっていますが、根本的に見直す必要がでてきたわけです。

シントウ 製品のイメージとなる「サプリタイム」という名称を考えつくまで、けっこう苦労しましたね。このへんのエピソードをはなしてください。

ナガシマ そうですね。プロミクスというのはプロテインをミックス(調合)した製品というイメージで名付けたつもりなんですが、今にして思えば何だかわかりずらいですね(もう、名前をおぼえたユーザーの方もおられるでしょうが・・・)。

朝食に本当に栄養が摂れ
ているのか??

 そして、こんな話もあったんです。BOSSダイエットをやっている奥様が朝にプロミクスを飲む、あるいはご主人の肥満解消のためにプロミクスをすすめたりする。そうすると、何だか“後ろめたい”っていうんです。朝食作るのをサボっているみたいで・・・。


 私の考えからしたら、今のような朝食のあり方自体が有害で、むしろプロミクスを飲むことのほうが断然良いと思っているわけですが・・・。なぜなら、これほどの栄養補給を「朝食だけで」というのはほとんど不可能にちかいですからね。だが、現実はなかなかそうなってはいない。
 そこで、モーニングタイム(本当はブレックファースト)やランチタイムがあるのだから、栄養補給(サプリ)を目的にした時間、つまり“サプリタイム”があってもいいのじゃないかと考えた。
 この名前を考えつくまでにはいろいろありましたね。最初は日本語名のほうが分かりやすいと思ったけれど、どうしてもしっくりこない。日本人の感覚では“食事イコール栄養”になってますからね−でも本当は、食事したからって、ちゃんとした栄養素が摂れてるわけではない。つまり、“栄養補給”という意味と“食事”という意味がゴチャゴチャになっている。日本語には、本来の意味での栄養という概念がないんです。他方、欧米語のほうが明確で合理的な感じがします。

 そこで最近、認知されてきたサプリメントという言葉と、それを摂取する時間(タイム)をくっつけて「サプリタイム」にしたんです。この名前を考えつくと、こんどは特許庁に商標登録を申請しなければなりません。実は“サプリ”って名前がつく商標というのは何十件もありました。例えば、キリンビバレッジの“アミノサプリ”なんかもそうですね。
 でも、「サプリタイム」というのはなかった。たぶん大手メーカーにしろ健康食品はあくまで商品であって、つまり“物売り感覚”なので、こういう名前は絶対に考えつかないんでしょうね。私にはその確信がありました。そして「サプリタイム」の商標登録ができたんです。

シントウ いままでのプロミクスだって良かったし、けっこう好評だったのに、どんな改良点があったのでしょうか?


サプリタイムのビタミン量
は1日標準の2〜6倍

ナガシマ さっきも言いましたように、オプティマル・ヘルスを目指すという考えから、栄養量を豊かにする必要があります。つまり“リッチ”な栄養食品というか・・・。そのためにプロテイン(たんぱく質)の量も増やしました。また、ビタミンではプロミクスに入っていなかった「葉酸」と「ビオチン」を追加しました。こうなると、全てのビタミンは13種類と言われていますから、その内の12種類が配合されたことになります。
 除外した1種類というのはビタミンKですが、その理由はワーファリン(心臓や血管の病気があり、血液の固まりやすい人のための薬:血液溶剤)を使っている人にはビタミンKはダメだということになりますので、あえて入れなかったわけです。

 そして、ビタミン量もそれぞれ2〜6倍にしました。日本食品標準の1日所要量は、「1日最低これだけの量がないと不足ですよ」というもので、それより不足すると健康を害することになります。でも、今回のサプリタイムはその何倍もの量を入れているので、ビタミンに関するだけでも市販の「マルチビタミン」を上回るものです−もちろん許容上限量を超えないように配慮されています。また、ミネラルに関しては、プロミクスに入っていたサンゴカルシウムはもちろん、その他にもマグネシウム、亜鉛を追加しました。

 それと、アミノ酸ペプチド(グルタミンペプチド)を今回あらたに配合しました。
 たんぱく質は胃腸でアミノ酸という単体の物質に分解されてから体内に吸収されます。ですから、アミノ酸のほうが吸収が早く、この特徴をうたって“アミノ酸ブーム”にもなりましたが、実は、アミノ酸を複数個結合させたペプチドのほうが吸収は早く、30分程度で吸収されます。そうすると、スポーツ後の疲労回復やストレス回復などにもひじょうに役立つことになります。
 たんばく質の安定した補給をプロテインで、吸収性の早さはアミノ酸ペプチドで、というようにそれぞれの特徴を生かすように考えられています。

 以上説明したように今回の「サプリタイム」は、単なるダイエット食品とは違います。何度も申し上げますが、総合栄養補助食品として高い規格を持った製品です。もちろん今後は、BOSSダイエット法においてもサプリタイムを使用していきます。

コエンザイムQ10の採用を中止

シントウ 最初、「コエンザイムQ10」を配合することをかなり考えていましたね。取り止めた理由を話してください。

ナガシマ そうですね。コエンザイムQ10の原末を10sちかくも取り寄せて私もずっと飲んだりしてね。ともかく自身で体験しないと納得できないのでね(笑)。
 開発当初は、まだコエンザイムが世の中にはあまり知られていないときでした。それでサプリタイムに何か特徴をつけようと思って候補にあげたのですが、結局は、あまり意味がないということになりました。

 なぜならコエンザイムは、要は、co-(補う)にenzyme(酵素)がついてcoenzyme、「補酵素」なんですね。細胞内のミトコンドリアという器官でエネルギーが作られるときに必要な物質ですが、ビタミンとは違って体内で合成され、体内のあらゆる部位に広く存在し、また、いろいろな食材に含まれていますので、不足することがほとんどない物質なんです。

 ではなぜコエンザイムがこれほどブームになったかというと、もともとコエンザイムはユビデカレノン(別名ユビキノンubiquitous「何処にでも存在する」という意味)という心臓の医薬品だったわけですが、その効果に疑問が持たれ、現在、海外ではほとんど使われなくなったということがわかりました(医療的には必要ないとされた)。
 そうすると、コエンザイムのメーカーとしては健康食品に使うことでも考えないと売れなくなったため、過剰とも言えるほどの宣伝をしはじめました−以上は裏話ですが、健康食品素材にはこういった話が少なくありません。
 弊社の技術顧問である松原先生に、こんな質問をしてみました。
「もし健康素材としての必要度を10とした場合に、コエンザイムQ10はどの程度になるでしょうか?」。その答えは、
「まぁ、1程度ですね」
「では、プロテインは?」
「9です」
 もう、これでおわかりいただけたかと思います。プロテイン、ビタミン、ミネラル等の3大栄養素などから比較すれば、CoQ10(コエンザイムQ10)の重要度ははるかに低いのです。私としては、結局はブーム的素材だと考えています。それで「サプリタイム」には不適格となったわけです。

シントウ 他社にも大豆プロテインを主成分とした製品がいろいろありますが、それらと比べて「サプリタイム」が優れている点ってどんなところですか?

ナガシマ 先ほども述べましたように、プロミクスの場合は、1日の必要量に対して不足しない配合量を考えていました。でも、サプリタイムはより高次元のオプティマル・ヘルス(最適な健康)をコンセプト(考え方)にしています。
 そこで、他社のこの種の製品はといえば、巷でよく名前が出てくるのにマイクロダイエット(当製品はあくまでダイエットを対象にしていますが)というのがありますね。これを他社製品の代表としてサプリタイムと比較してみます(プロミクス5とも比較してみます)。


 そうすると「サプリタイム」がいかに高規格で栄養バランスの良い製品であるかおわかりいただけると思います。しかも、価格についても比較してみてください。正直、マイクロダイエットなどの他社製品が、なぜ、これほどまでに高い価格設定にしなければならないのか理解に苦しみます−ダイエットだからといって法外な値段になるのでしょうか? サプリタイムがリーズナブルな価格になれたのは手前味噌になりますが、「そら」の企業努力ということもご理解いただけたら大変に嬉しいですね。

良薬口に苦し・・・
で、味付けが難しい

シントウ 「他の味ってないんでしょうか?」と聞かれることがあるんですが、今回の「サプリタイム」の味も一種類。他の味をだす予定は?

ナガシマ そうですね。これだけいろいろな栄養素材が入ってくると味付けというのは本当に難しいですね。今回のサプリタイムはプロミクスよりも多少大人の味付けにしました。

 ですが、プロテインやカルシウムなどはけっして美味しいものではありません。しかも、サプリタイムには、さらにマグネシウムや亜鉛なんかも加えた。マグネシウムはようはニガリですからね。本来まずいものをどうやって美味くするか本当に苦労します。今回のサプリタイムでも味を決定するために約30パターンの試作品を作りました。


 松原先生から言わせれば「良薬口に苦し、本当に効果のある健康食品が美味いわけがないよ」ですよね−先生は、国立食料研究所の研究員や大手製薬会社の役員をされていましたから、こういう言い方になるんでしょう。でもね、サプリタイムは毎日使用するものですから、やはり味のことも考慮しなければならない。
 だからといって、「お菓子や食べ物のように美味しくしろ」というのはやっぱり難しいですね。いまのところはココア味が一番あっているのではないかと思います。そして、今後さらに飲みやすくなるように製造ロットごとに調整していくつもりです。また先々はバニラ味なんかも作っていきたいと考えています。

シントウ サプリタイムは製品の特徴からして幅広い方に使っていただけるということですね。私もカウンセリングのなかで、いろんな場面でおすすめしたいと思っています。ダイエットのためだけでなく、食事のバランスの悪い方や一人暮らしで毎回料理に手をかけられない方などにもいいのではないかと。

ナガシマ とにかく今の環境の中で、本当にバランスの良い食事をとろうとするのはひじょうに難しいですからね。肥満が増加しているというのも食事の悪さ、栄養の悪さというものが影響しています。それにガンをはじめとした生活習慣病も栄養の問題がかなり関係している。
 だから私は、現代人にとってサプリタイムは必需品ではないかと思っているぐらいです。プロミクスは、私自身もこれまでずっと使ってきました。
 83歳になる私の母親の場合は一人暮らしということもあって、朝食にプロミクスを使っています。とても重宝しているようですね。一人暮らしだとちゃんとした料理を毎回作るというのも難しいんですね。
 若い方でも外食が多かったり、食事が不規則だったりするような場合には、サプリタイムをぜひ使っていただきたいと思います。

シントウ 私たちも一愛用者ですが、ご自身どんなふうにプロミクス(これからはサプリタイム)を使っているのか、皆さんに紹介してみてください。

どうしたら毎日の栄養補給ができるか・・・ 

 私の場合は平成8年にBOSSダイエット法を開発して、まず自分自身で始めましたから、当然、BOSSダイエット法にしたがって朝・昼にプロミクスを使いました(もちろん夕食はたっぷり食べた)。

 だいたい6ヶ月で約10s減量して、その後は、朝はほとんどプロミクス、昼はプロミクスを飲んだり飲まなかったり。つまり体重維持と健康維持のためにプロミクスを使っています。
 こうして10年ちかくも理想体重を維持しながらすごしているので、いまではこの生活が当たり前のようになっていますね。出張や旅行(海外であっても)の時にもプロミクスは必携です。これからはサプリタイムに変えますが・・・。もちろん、マックスピアやサンゴの力も忘れた時はありませんけどね。

 ともかくサプリタイムを飲んでいたら、多少食事に問題があっても(例えば、出張等で外食が多くなっても)栄養補給面で安心していられるわけです。サプリタイムに入っているいろいろな栄養素というのは、ほとんど体内に貯めておくことができないもので毎日補給する必要があります。その意味でもサプリタイムを手放すことはできません。

高齢者の栄養補給

シントウ 昨年の食品保健指導士のセミナーで、高齢者の「たんぱく質等の低栄養状態:PEM」が問題になっていましたね。このためとくにサプリタイムは高齢者の方にいいのではないでしょうか。

ナガシマ (財)日本健康・栄養食品協会の細谷先生(東京大学名誉教授)も、現代の環境においてはサプリメントによる栄養補給が不可欠になってきていることを力説されてました。
 その中で、とくに高齢者においては“食が細る”ことや“栄養の吸収率の悪化”などからたんぱく質やビタミン・ミネラル類が不足がちになり、そういった意味からも高齢者にもサプリメントを積極的にすすめているんですね。せんぽ東京高輪病院の栄養管理室長、足立香代子先生が臨床的に高齢者にプロテインやビタミンを使ってPEMを解消しているという話をされていたことがとても印象に残っています。


 高齢者が低栄養状態になると、日常生活の活動度が低下したり、病院に入る日数が多くなったりします。この場合は主に血清アルブミン値が問題になります。つまり血液中の蛋白質が不足してしまうんですね。そこでプロテインを利用すると、PEMが80%ちかくも改善されることがわかってきています。
 それと、カナダでの研究なんですが、葉酸とビタミンB12というビタミンB群の不足が65歳以上の高齢者に特に顕著だという結果が出たりしています。ビタミンB群は体の代謝にとって不可欠な栄養素ですから、なおさら問題です。高齢者になるほど薬剤の使用が多くなっているなどがその原因にあげられています。

 とにかく、年齢が高くなってくるほど栄養バランスやその補給について注意しなければならないということです。「サプリタイム」には、これだけ多くの栄養素が入っていて、しかも栄養バランスや吸収性が良く、胃腸に対する負担も少ないですから、(高齢者の方にも)じゅうぶんに利用していただけると思います。

基本中の基本とは・・・

シントウ 最後に、サプリタイムをどのようなかたちで利用してもらいたいと思いますか。そのへんのことを話してください。

ナガシマ まずダイエットのことから言えば、多くの方が大変な勘違いをされていると思うんですね。肥満したから痩せなきゃ、だからダイエット、そしてダイエットはたいへんだと思っている。でも、そうじゃないんです。


 肥満しないのが元々正常なんです。つまり、肥満することの方が異常であって、そっちの方が体にとってよほど苦しいんですね。ですから、その結果(肥満)としていろいろな病気を引き起こしたりしている。
 正常になるためには、正常なことをやるのが当然ではないですか。それがBOSSダイエット法であり、それをサポートする強力なツール(道具)がサプリタイムなんです。 でも、他のダイエットっていうのはどうなんでしょうか? そういった根本をやらないで、飲めば痩せる(特効薬的な)話ばっかり。そんなのウソにきまっているじゃないですか。

 サプリタイムを使って正常な食習慣を取り戻せば、もちろん理想体重になれるし、食事は美味しくなるし・・・、しかも生涯肥満とは無縁になれるんです。そのことを知ってもらいたいと思うんですね。
 それと再三申し上げますが、いろいろな生活習慣病も食事の影響がひじょうに大きいということです。
 もちろん多くの方は「ちゃんとした食事を作っていますよ、食べていますよ」と言われるかもしれません。が、今の食材の流通経路の問題や加工食品の多さ、食品添加物の問題などからしたら、理想的な食事をするなんていうのは不可能にちかいと思います。むしろ、ある栄養は過多になり、ある栄養は不足している。それも極端なんですね。だから、ますます生活習慣病が増えていってるんです。

 そして、健康食品というと(先ほどコエンザイムの話もしましたが・・・)売らんがためのブーム的なものがどんどん出てくる。それにまた多くの消費者は翻弄されてるといった状態です。でも、栄養補給に関して言えば、5代栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル)というものを過不足なくきちんと取っていくことが基本中の基本です。それも毎日・・・。このことをいいかげんにしておいて、あの健康食品、この健康食品もありません。

 サプリタイムは、このような栄養補給に対する基本を考えて作られています。健康的なライフスタイルをつくるために「サプリタイム」を上手に利用していただけたら、とても幸いであると思います。


★SINTO の本音でインタビュー

糖尿病食なんて絶対にイヤだ
「これなら出来る!」とBOSS法で5s減

4Lifeのつもりだったのが
BOSSダイエット法に・・・

ー最初は健康の面でご相談があったんですよね。ダイエットをおすすめしたのは私だったと思うんですが。
 「そら通信」見て、健康にいいなら4Lifeを試してみようかと思って電話したんだよな。肥満だから血圧が高めだったんだ。毎月病院に検査に行くと、医者がやせろ、やせろって言うんだ。そうは言ってもなかなかやせられないと思ってたとこだったんですよ。

ーお話をうかがったらBMIも27(正常は22)ありましたし、問題はまず肥満だなと思いました。数値を正常にするにはやせたほうが結果が早いと思って、BOSSダイエットをおすすめしたんです。
 それまでは医者が言うやせる方法っていうのは、糖尿病患者が食べるような1日1200kcalとかにしろって言うんだ。とてもあんなも
ん食ってたんじゃやってられない。イヤなんだ!ああいう食事制限みたいなのは。女房も私も仕事を持って忙しくしてるし、毎回カロリーがどうのなんて計算なんかしてられない。1200kcalくらいじゃ動けないよ。入院中、カロリー計算した食事食べさせられて、とてもじゃないけどこんなんじゃ続かないと思ったね。

ー入院! なんで入院なさったんですか?
 薬の飲み合わせが悪くてショック症状がでて救急車で運ばれた。
 血圧の薬と風邪薬を飲んだら、ペニシリン系のアレルギーがでて意識が無くなっちゃったんですよ。心臓がやられて脈拍も53くらいに下がってた。危なかったらしい。50以下になると脳がやられてしまうそうなんだ。それまで病院の世話になったことなかったんで、ついでにこのとき全部検査してもらった。そしたら大腸に悪性のポリープがみつかった。一応手術で取ったんだけど。再発も怖いし、健康には気を付けなきゃと思う。

このやり方なら全然苦しくないわ

ー入院したことがきっかけで肥満をどうにかしなきゃと思うようになったんですか? それともずっと以前からやせたいという気持ちはあったんですか?
 いやあ、それまではあんまり無かった。自分としては体調は万全だという自信があったから。こりゃあどうにかしなきゃと思ったのは、2回目入院したとき。
 気を付けるよう言われてたのに、うっかりまた血圧の薬と風邪薬飲んじゃったんだよ。今度は検査したら糖がでていてコレステロールも高くなっていた。医者に「これはやせなきゃだめですよ」と言われた。

ーいろいろ健康面でも心配があって、まず体重を落としましょうと。BOSSダイエットの3日間のお試しをやってみて、できそうだってことになったんですね。
 この調子だったらできるなと。夜はお酒も飲めるし、なんでも食べられるんだし。朝起きたときプロミクス飲んで、もたもたしてたらすぐにお昼だ。また、あれを飲んで、ご飯一膳くらい食べられるでしょ。これならぜんぜん苦しくないわと思って。

ーそれまでは、病院でのことがあって 「ダイエットなんて大変だ」 というイメージがあったんですね?
 病院のときの糖尿病の食事ね。あれを思い出すと、あんなんだったらやんないほうがましだと。とてもあんなもん食べさせられたら死にそうだもの。
 BOSS法は、夜いっぱい食えるでしょ。それまでは、やせるには夜食べちゃいけない。朝と昼はうんと食べてもいいんだなんていうのが俗説でしょ。まるっきり反対だからね、この方法は。それで、腹一杯食ってみたら全然もたれないし。カロリー計算して一食になんぼ、なんぼってやったって、人間の体ってそんな簡単なもんじゃないと思うよ。

最初の2sは、簡単に落ちた!

ー始めてみてすぐ結果が出始めましたか?最初の頃、お腹がすくっておっしゃってましたね。
 確かに最初はね。食べてないって意識があるから、その意識で腹減った気がしてた。肩に力が入ってるんですよ、最初のころは。
「朝食べてないんだな。あれ(プロミクス)飲んだだけだな」って。そうすると、ああお腹すいたなあなんて思っちゃうんだ。慣れてきちゃうとそんなでもないんですよ。でもわりあい結果が早くでた。2sくらいはカクンと減った。それからがなかなか減らなかった。これはだめなのかなあと思いながらも続けてたら67sになった。4ヶ月で5sやせた。
 一番太っているときで80sあったんだからねえ。10年ぐらい前にタバコやめてから太って。もっともあの頃は食事がめちゃくちゃだった。建設会社を経営していて肉体労働だから量がすごかった。昼メシにラーメンにチャーハンといった具合に2人前食ってた。

ーそのままいったらどうなってたかわかりませんね。
 たぶん、脳梗塞かなんかでひっくりがえってたでしょ。それからちょっと自分でも気を付けて節食した。でも、2人前が1人前になったくらいだけど(笑)。

ーBOSS法は思ってたより簡単だったですか?
 説明書読んだときにね、カロリー計算かと思ったら違うでしょ。こっちは病院での経験が頭にあったから。3食のうち1食食べなくても、人間そんなに苦痛じゃないですよ。毎食毎食少なめにやられちゃうとダメなんですよ。この方法は、夜はうんと食べられるもんねえ。

腸の調子はイイし、風邪もひかない コレステロールも正常になったしね

ー病気らしい病気もしたことがなくて、健康が取り柄だったとか?
 でも、よく風邪はひいてたんですよ。それがこのところひかないもんな。ゴルフも前はカートに乗っかってやってたけど今はできるだけ歩いてますよ。あれだけでも、運動量が違いますよ。お腹がへこんでスウィングも変わった。体も軽いし、お腹の具合もいい。毎日お通じも快調だしね。朝メシ前に行きたくなるもんな。
高かったコレステロール値や血糖値も正常になった。
 BOSS法やるようになって、やっぱりね食事が変わりましたよ。野菜を前より食べるようになったね。以前は食卓にあってもそれほど欲しいと思わなかった。血圧は朝だけ高いんだよな。上が160ぐらい。10時ごろになると上130台の下70台くらいに下がってるんだけど。
ーまだ体脂肪率が26%ありますから、あと4〜5キロやせたら血圧も下がってくると思うんですけど。最終的には血圧の薬が手放せるようにしたいですね。

「プロミクス5」から新製品「サプリタイム」へ!
こんなにもグレードアップした!!

 健康にもダイエットにも現代食のゆがみを改善することは重大な問題。そのためには、いまやプロテイン製品は不可欠。プロテインを主体としながらも今までにない「総合栄養補助食品」にするためアミノ酸ペプチドを加え、ビタミン、ミネラルをかなりリッチにした高規格製品「サプリタイム」が誕生! いよいよ発売開始。


■「サプリタイム」は、プロミクス5と比較してこう変わった!

1.最大の特徴としてアミノ酸ペプチドを配合
 タンパク質は体をつくるために、もっとも重要な栄養素であり、胃腸でアミノ酸に分解されて体内に吸収される。ペプチドはアミノ酸に分解される前の段階の物質でアミノ酸が2〜10個組み合わさっている。ペプチドはタンパク質やアミノ酸に比べ体に吸収される速度が速く、筋肉の修復や疲労回復にたいへんに役立つ。

2.12種類のビタミンを配合。しかもその配合量はプロミクスの1.5〜5倍
 現在わかっているビタミン13種類のうち12種類を配合(ビタミンKを除く)。配合量もそれぞれプロミクスと比較して平均3倍に増量(ものによっては5倍量に)。※ただし、許容上限量は考慮されている。

3.マグネシウム、亜鉛をあらたに配合
マグネシウム…★骨や歯の健康維持★神経系の働きを整える★筋肉の収縮を抑え脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ
亜鉛…★酵素やホルモンの働きを助ける★味覚を正常に保つ★皮膚の老化、抜け毛の予防

4.葉酸、ビオチンを配合
葉酸のはたらき…★タンパク質の代謝を助けて核酸の生成を促進する★ヘモグロビンや赤血球の生成を促進して、貧血を防ぐ★脳の発育を助ける★胃腸の粘膜を正常に保つ★細胞分裂や新陳代謝に大きな役割をになう栄養素なので妊産婦にはとくに重要★動脈硬化を予防する
ビオチンのはたらき…★ブドウ糖の再合成の補助(ビオチンが不足すると筋肉痛や疲労感といった症状がでてくる)★細胞の合成を促進★皮膚形成の役割に関わる★脱毛や白髪の予防

5.味は深みのある大人の味に
 なめらかな舌触りで大豆タンパク独特の粉なっぽさを少なく。甘さをおさえて、こくのあるビターな味に。

6.高規格になったにもかかわらず価格を努力
 内容成分、製品デザインともに妥協なく最高品質のものを追求し、内容はぐんと充実したものに。そしてさらに出来る限りの企業努力をし、1袋あたりの価格を下げることに成功した。パッケージもコンパクトに。


●「プロミクス5」ご愛用者のおたより 
いろいろなお声をお寄せ頂きありがとうございました!

☆5sやせて血圧も正常に!
 プロミクスを使い始めて1年が過ぎました。148/95と高かった血圧が120/80に安定し、体重も5sやせられました。体が軽くなり、趣味の山登りにもプロミクスを持って行き愛用しています。職場も風邪で休まなくなりました。退職まであと数年、元気に仕事に山に続けたいと思っています。
(東京都Y.Uさん 58歳女性)   

☆きっかけはダイエット、今は娘とともに朝ご飯がわりに
ダイエット目的で始めて6年近くになります。13sやせて今も維持できています。私の健康状態(元気!)を見て感じたのか朝食抜きだった娘も、1年くらい前から、朝プロミクスを一緒に飲んでくれてます。良かったと思っています。お互い朝1回飲むのが続くことになりそうです。
(千葉県M.Fさん 58歳女性)

☆筋肉がふえて、体脂肪がさがった!
 夫婦で健康的にやせられた。BOSS法を知って食生活のことも考えるようになった。スポーツクラブで測ったら筋肉が増えて体脂肪が下がっていてほめられうれしかったです。血液循環機能も高いといわれ、これもプロミクスとエクセルのお陰。運動も頑張ろう!ごはんもおいしく食べようとあらためて決心しました。(埼玉県K.Kさん 57歳女性)

☆プロミクスが無かったらやせられなかった
ダイエットで使わせてもらいましたけど、今後も朝食はプロミクスを続けたいと思っています。理由は第一に、タンパク質やビタミンなどの栄養素を摂っているのだという安心感。第二に独身なので何を食べようかと朝から余計な気をつかう必要がないことです。お陰様で昼、夜の食事のおいしいこと! この2ヶ月で体重が4s減り、腹の出ていない自分の体にかっこよさを感じ、若くなった気がします。プロミクス‘さまさま’です。(東京都T.Kさん 60歳男性)

☆7sやせて風邪ひとつひかなくなった
 ホームページでBOSSダイエットを知り平成14年2月からダイエットを始めました。約10ヶ月で7sやせ、ウエストも細くなり理想の体重になれました。体調も良くなり風邪ひとつひかなくなりました。現在もプロミクスを続け体重を維持しています。これもプロミクスを使ったBOSSダイエット法のおかげと感謝しています。(熊本県M.Yさん 53歳男性)

☆手軽にバランスの良い食事ができる
ダイエットが目的で始めましたが、今では、身体に良い良質な栄養素を摂ることができるので、ウエイトコントロールよりもそちらを重要視してプロミクスを使っています。手軽にバランスの良い食事ができて良いです。(千葉県H.Iさん 65歳女性)

☆高血圧が改善されました
 健康診断の結果、プロミクスを飲むようになってからは血圧が上125となりました。それまでは148〜165ありました。他にも異常なしです。体重のほうはなかなかおちません(?)。栄養バランスを補うと思って飲むようにしております。(千葉県M.Aさん 58歳女性)

☆血糖値210が2ヶ月で88に!体重も4s減
 めまいを感じ医者にかけこみ、検査の結果血糖値210、血圧、コレステロールetcすべて高く、医者からも食べ物に気をつけて体重を減らすように言われました。プロミクスとエクセルのことを思い出し、飲ませて頂きました。2ヶ月で血糖値が88に下がり、体重も4s減りました。医者も「お見事!」のひとこと。それからは朝、主人と一緒に飲んでいます(3年前主人も軽い脳出血をしています)。二人とも今のところ調子良さそうです。私にとって、プロミクス、エクセルは命の恩人です。これからも良い研究を続けてください。(千葉県M.Kさん 60歳女性)

☆プロミクスのお陰で「糖尿病なんか恐くない」という心境に
糖尿病になり10数年になり薬を服用していますが数値は下がらずにいました。そらの製品は5年余り愛用していますがプロミクスだけは使わなかったのです。今年の夏体調を崩し、血糖値345ヘモグロビンA1C11と高くなりました。朝食をプロミクスにして3ヶ月になりますが血糖値163ヘモグロビンA1C7.6に下がり、体調も少しずつ良くなってきました。プロミクスのお陰で糖尿病なんか恐くないという心境。毎日の生活に自信がついてまいりました。(東京都M.Kさん 69歳女性)

☆コレステロールが下がり 骨密度も120%
 コレステロールがここ数年262と高値安定していましたが、半年前からプロミクスを使ったところ、コレステロール232、HDL85、中性脂肪95と数値が下がり喜んでいます。プロミクスは良質のタンパク質が摂れるし、珊瑚の恵やマックスピアと合わせて食べ続けているお陰で、骨密度は同年代の120%、若年平均比91%と50歳くらいのところを保っています(実年は70歳です)。もう少し続けると総コレステロールも基準値におさまると期待しながらおいしく食べていきます。
(埼玉県Y.0さん 70歳女性)

☆栄養補給としてすばらしい!胃腸の弱いひとにもピッタリ
胃腸が弱い私の場合、栄養がきちんと体に吸収するためにと試してみました。3食きちんと食べて朝だけプロミクスを飲んでいます。貧血、生理痛などいろいろ…が少しずつ良くなっていると思います。たんにダイエットだけで使用するのではなく、栄養補給としてすばらしいものだと、胃腸の弱い方が試すと実感すると思います。(新潟県Y.Iさん 40歳女性)

☆満腹感が持続し、お腹にも軽い
主に朝食としてプロミクスを飲んでいます。外出してお昼に帰れそうもない時はバッグの中に用意して出かけます。食事をしたいけど時間がないときにおすすめです。満腹感が持続し、お腹が軽く、動きやすいです。これからも続けたいと思っています。(千葉県K.Yさん 54歳女性)

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ