ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」43号 2003年10月号

年齢とともに肥満になってきたあなたへ
今、解決しないと一生悩むことになる!
   “中高年の肥満”その原因と対策を徹底研究(その1)
「肥満」は、生活習慣病の一つに分類されている。直接的な病気ではないが、糖尿病や高血圧、高脂血症、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞などの、重大なリスクファクター(危険要因)になるからだ。
 糖尿病を例にとれば、肥満者の何と半数以上がこの病気に罹っている。現在の日本人の糖尿病患者数は約700万人。そして、40歳以上の中高年の10人に1人が糖尿病なのである。

 肥満を解消することで、生活習慣病に罹る危険率をかなり低下させることができる。糖尿病や高脂血症が5分の1になり、高血圧が4分の1、腰痛や膝痛は何と! 17分の1というように・・・。
 このように、特に中高年の健康維持においては、肥満の解消が不可欠な要素となってくる。

肥満とは何??

 ところで、“肥満”とは何であろうか?
ただ何となく太っているからとか、あるいは自分は正常体重なので肥満ではないとか、本当にそうだろうか・・・。
 では、その正常体重とは何なのか? そう聞かれると、専門家以外で正確に答えられる人はほとんどいない。つまり、一般的には、かなりいい加減な基準で肥満か否かを判断しているにすぎない。
 そして、ここで言っている肥満とは、ま

そら通信 Vol.43 2003.10          「中高年の肥満・原因と対策」

ただ20代前後の若い人達が考えるような、単なるプロポーションだけを問題とする肥満では当然ない。冒頭でも述べたように、生活習慣病の重大なリスクファクターとしての肥満なのである。
 そうなると、なおさら一般人にはわかりづらくなってしまう。

 たとえば、BMI=22(後で、詳しく述べる)は、肥満でも痩せてもいない理想的な標準体重を示す指標である。身長160pの人であれば標準体重は56s。でも、別の体脂肪率という指標で、それが30%(男性は20%)を超すようであれば肥満の判定になる。なぜなら、一見して肥満ではないが、“隠れ肥満”という状態なのである。


なぜ健康被害に?
中国製品等の問題・・・
 さて今回は、中高年以降になると、なぜ肥満になって痩せにくくなってしまうのか? そして、肥満だと生活習慣病になりやすいから恐い。だからといって、ダイエットするのも健康を害するので危険と考えてしまうあなたへ・・・。
 では、中高年の肥満の問題はどこにあって、また、その解決方法はどうあるべきか? についてお話していきたいと思う。

 変形性膝関節症(シツカンセツショウ)の女性達の「何と! 6割が肥満だった」ことが報告されている。肥満は、ヒザにかかる重量を増加させてO脚にもなりやすく、その結果、膝痛を伴なって歩行困難な状態に至るからである。
 このように肥満は容姿以前の問題として、その人のQOL(Quality of Life の略で「生活の快適さ」のこと)を低下させたり、あるいは、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病の重大な要因になる。

 ところで肥満を解消しようとすれば、当然のことのように“ダイエット”となるが、さて、その動機が問題である。
 ある調査によると、女性は「容姿を気にして」というのが8割ちかく。一方、男性は「健康が心配だから」というのが8割ちかく。男性のように健康が心配だから、というならまだしも、容姿を気にしてのほうは「とにかく痩せたい」が先行して、健康は無視しがちになる。
 そして、こういった安易な動機が、結果的に危険なダイエット商品の購入などにつながっている、と言えるのだ。

 たとえば、中国製のダイエット製品で肝機能障害などの健康被害が多発して、かなり社会問題になったことは、記憶に新しい。被害者数は400人にも達し、死者も3人でた。
 これらの製品のほとんどには、N−ニトロソフェンフルラミンという食欲抑制剤、つまり抗肥満薬が使用されていた。

そら通信 Vol.43 2003.10          「中高年の肥満・原因と対策」

 ここで少し抗肥満薬のことについてふれておこう。

 こういった抗肥満薬はアメリカを発端として比較的古くから使用されてきた。
 N−ニトロソフェンフルラミンは、アメリカでは1973年から推定600万人が服用した。ところが肝機能障害の他、原発性高血圧症や心臓弁の異常が高率で発生したたために1997年に、その承認が取り消された。しかしながら、中国製のダイエット製品には、この危険な未承認薬が配合されていたわけである。
 実は抗肥満薬というのは、だいたい次の3つの、いずれかの効果が出るようにつくられている。
1.食べたものの消化吸収を抑制(下剤等)。
2.食欲を減じる(N−ニトロソフェンフルラミン)。
3.代謝を引き上げる(覚醒剤など)。

 アメリカで抗肥満薬が使用され始めたのは1900年代初めからで、その後、新薬が登場しては多大な健康被害を起こして禁止になる。そういったことが繰り返されてきた−昔からアメリカ人が、いかに肥満に困ってきたか、ということがうかがえる。それが今では、日本でも同じような状況になってきたと言えるのではないだろうか。
「美しくなりたい!」もいいけれど、これではダイエットも命がけである。

 そこで何が言いたいのかというと、「夢のダイエット薬」などというものは、世界中のどこを探したって存在しない、ということなのだ−「いくら食べても、これを飲んだら痩せますよ」なんて宣伝文句を見たら、“まず絶対にインチキ”であることを肝に銘じておく必要がある。
 また、だからこそ安易な考え方でダイエットをしてはならない、ということである
−「簡単に痩せられる」の裏には、必ず健康被害という危険が潜んでいる。そのことを忘れてはならない。 

 では、肥満のままでいいのか、となれば、そうはいかない。中高年※を過ぎてからの肥満は健康維持やQOLに対して大敵になることは、冒頭でもお話したとおりである。
※国勢調査では、40歳以降を中高年とし、65歳以上を高齢者に分類している。ここでも、だいたいその程度ぐらい、という意味にした。実のところは高年齢になるほど個人差が大きいと思うのだが・・・。

ウェイトコントロールには
年齢制限がある!
 ところが中高年の肥満は中々厄介である。若い時と比較して基礎代謝量が低下してしまう。だから肥満しやすい体質になる。さらには、高年齢になるにしたがっての意識低下も大きい。例えば−
「この歳になって、いまさら痩せようなんて面倒。美味いもの食って死んだほうがましだ」ということにもなる。このようにして肥満の問題が意識から外れてしまう。高齢者になってからの肥満対策※が、極めて難しいという所以である。
※現在、60歳代以降(特に女性の場合)における過体重の人数の割合は40%を超している。

 先日、ある栄養問題の講演会に行ったところ、「医療的に高齢者の肥満治療をしなければいけない。そこで抗肥満薬を使用したが、心臓弁の異常という副作用が出てしまった」という笑えないような話があった−なぜなら、肥満が心臓に悪いということで、その薬を使用したわけなのだから。

そら通信 Vol.43 2003.10          「中高年の肥満・原因と対策」

 こうしてみると、先ほどの話とは矛盾するが、「美しくなりたい」というのも、あながち悪くはないことになる。
 年とったって、その気持を持続していれば「自分の体型や健康をちゃんと維持していこう」という意識にもつながる。だからといって、なんでもいいからダイエットしろ、と言っているわけではない−それには正しい知識やメソッド(method 計画的なやり方)が必要となる。すなわち、適切なカウンセリングとアドバイスなどを受けなければできるものではない。

 つまり、ウェイトコントロール(肥満対策)できる年齢には、自ずと制限がある、ということである。その年齢とは、せいぜい50歳代までが限界ではないか。それより高年齢の肥満では、肥満症※としての医学的な治療になってしまう可能性が高い、と言わざるをえないのだ。

 だからこそ、中高年のうちに肥満を解消しておかなければいけない!
そのことを強調しておきたい。

中年太りが・・・
当たり前ではない!
 ところで、中高年の肥満(俗に言う中年太り)は仕方がないんだ、と思っている人達もいるようなので、そのことにも少し触れておこう。
 そもそも、日本に欧米的な食習慣が導入される昭和40年以前の肥満人口は、現在の五分の一以下ではなかったかと思う−確かな記録がないので、糖尿病患者数が、いまの七分の一というところから類推した。もちろん食糧事情が悪かった、という関係もあるだろう。
 ちなみに昭和55年(1980年)と現在とを比較してみると、50歳代以上の肥満人口は1.5倍に増加している(特に60歳代の男性では2倍以上も増加)。
 つまりは、中高年の肥満は近年になって急増したので、昔から中年太りが当たり前だったわけではない。すなわち、中高年といえども、その人の生活環境のあり方が問題なのである。

 なぜ、こうまで日本人の肥満が増えたのか? それは、欧米の生活様式を無批判に取り入れてきた結果である、といって間違いない。
 スーパーやファミレス、あるいはインスタント食品といった利便性や合理性の追求。はては、ハンバーガーや牛丼などのジャンクフード(junk food カロリーが高いだけで栄養価の低い、クズ食品のことをいう)を日々当たり前のように食べている。 ふと我に返ると、子供の頃から親しんできたはずの(日本の)食事文化とは一体何だったのだろうか? と、中高年になった自分にも、ほとんど思い出せないような有様である。

 最近のアメリカ厚生省の発表では、米国の肥満人口は6000万人に達したようである。ところが、「デブの帝国」という最近読んだ米国の翻訳本では、何と、60%が肥満だ、というのである。

そら通信 Vol.43 2003.10          「中高年の肥満・原因と対策」


 一方の日本の肥満人口も現在2300万人に達している。しかも、日本の生活環境は、ますますアメリカナイズ(Americanizeアメリカ式の風俗化)すると予想される。つまり、肥満も、アメリカに追随することが十分に考えられるのだ。

 いかがだろうか? ここまでのところで、なぜ肥満がこれほどまでに増加しているのか、また、中高年の肥満対策が、なぜ不可欠なのか、おわかりいただけたかと思う。
 では、どう肥満を解消したらいいのか?
となると、きまって摂取カロリーと運動(消費カロリー)の問題が出てくる。だが、そのことだけで中高年の肥満を解決することは、まず不可能である。
 ではどうすべきか? については、また次の号で、お話していきたいと思う。

次回号の予定・・・
 今回は、「“中高年の肥満”その原因と対策を徹底研究」ということで、中高年の肥満対策をテーマにとりあげました。ところが書き始めてみて、これは何号にもわたらないと全部をお伝えできないぞ、になって、そうした方がいい、になりました。たぶん、「その3〜その4」ぐらいまで続くでしょう。また次の号(とりあえず44号には予定していませんが)をご期待いただければ幸いです。
[文責:2003.9.15 理学博士 永島昌和]

今回はBOSS法に成功した【男性】の方達をご紹介します
BOSSウエイトコントロール法で体重減、健康になった!


半年で10s減!
高血圧と肝機能障害も改善


 最初からダイエットの目的だったわけではないんです。自動車関連会社に勤務していますが、仕事もけっこうハードで、お酒を飲む機会も多くて、身体を酷使していたんです。

重度の肝機能障害だった
 昨年の夏、すごくだるさを感じ、血液検査をしたら、重度の肝機能障害と診断されました。ショックでしたね。治療に一年かかり、このことをきっかけに健康意識が大きく変わりました。
 これまでと違い、健康に対して真剣に取り組むようになり、何種類もの健康食品を試しました。

主治医から痩せるようにと再三の指示で・・・ 
 そんな時、そらさんが開いている「健康セミナー」に、半信半疑で参加したのが始まりですね。健康法を始めて一年が経過した頃には、体調も良くなり、血液検査のデータもだんだん良くなっていました。医者から止められていたお酒もOKがでて、健康への自信もとりもどせました。どんどん健康になっていく実感にワクワクしましたね。  健康に関しては、そんなふうに順調でしたが、残る課題は“痩せること”でした。その
とき、血圧も上が180、下が120で高く、主治医から何度もダイエットするよう言われていました。いよいよこれはまずいなと思い、BOSS法を始めました(実は、BOSSウェイトコントロール法には、最初のころから、ずっと興味があったんです)。夕食もたっぷり食べられるので、夜のつき合いも問題ないし、すぐになじめました。

5ヶ月で目標を達成・・・
 着実に体重は落ちていきましたし、ベルトの穴も一つずつ縮み、楽しみでしたねえ。
 5ヶ月で約10s減って、ほとんど9割がた目標を達成できました。ウエストも10センチ減って、ズボンもだぶだぶになっちゃって。ここ10年来何をやってもやせられなかったのに、ボス法でこんなに簡単にやせられて、自分でもびっくりしています。健康とダイエットの一石二鳥の結果を手にできて満足してます。
 肝臓が悪かったころの数値は、ALP917、γーGTP775、GOT217、GPT310と相当ひどかったんです。それらが今ではすべて基準値の範囲内になり、血圧も上が130、
下が80と正常になりました。

主治医も栄養士も感心!
 検査データといい、ダイエットといい、あまりにもはっきりと結果が出たので主治医も驚いて、いったい、何をやったのか? ときかれました。今までの食事の記録とプロミクスを見せました。そうしたら、BOSS法のやり方は、医者の目から見ても完璧だと言われました。太鼓判を押され、ますます自信がもてましたね。

11s減量、血圧が下がって
肝機能も改善・・・
 酒は20代の頃から飲んでまして。30代から肝機能の数値が高くって、いつも検査でひっかかってたんです。それから血圧も10年前から高かった。
 太って体重が80s超えてからですよ、高くなったのは。痩せれば下がるのはわかってたんですけどね・・・。
 33才の時、全身に原因不明の湿疹が出て入院したんですよ。その時初めてアルコール性肝炎だってわかった。γ−GTPが100もあったんですよ。酒やめればねえ、下がるのわかってたんだけど…。 結局、それから14、5年、高いままきちゃって。 

まずサンゴの水で数値が
正常になってビックリ!
 サンゴの水飲みだして1年後、会社の健診で、肝臓の数値が今まで見たこともない低い数値になったんですよ。ただ、うまいからサンゴの水飲んでただけで、期待してたわけじゃなかったんで。水だけでこんなに変わるのかってびっくりした。

80s超えて高血圧に
BOSS法で正常になった
 BOSS法を自分がやろうなんて思ってなかった。ただ、ちょっと体重オーバーで気になってたんです。腹も出ててTシャツ着てもみっともない、血圧も高いし痩せなきゃなぁ、と・・・。
 それで、酒を控えて、食べるもん減らせば痩せるだろう、と思ってやってみたんだけど、全然変わんない!
 それで、BOSS法をやることにしたんです。けっこう意志が強いんで、やろうと決めたらきちんとやるほう。
 始めたらすぐ減ってきて、おお、これはいいぞって。1ヶ月でいっきに6s落ちて、血圧も150/100だったのが、この時もう120/80 と正常になった。
 体重が落ちれば血圧下がるのわかってたんですけどね。ただ、気になるお腹がなかなかへこまなくて・・・。それからは、減り方はゆっくりになって、トータルで11s減って、体脂肪率も25.3%から18.9%と6%おちましたよ。85sだったのが74sになって脇腹のあたりもスッキリしました。
 自分の仕事はけっこう動くんですよ。ほんとにプロミクスだけで大丈夫なのかな、栄養不足にならないかな、って心配になりましたけど、その都度電話でアドバイスしてもらえたので安心でした。
 前はいつも身体が重くて、荷物しょってるみたいだった。ベルトも腹が出てると段々下に下がってくるんですよ。それが今はちゃんと水平に保ってる(笑)。

20代の頃の体重に戻った!
 それこそ、水しか飲まずに10日もすれば体重は減るだろうけど、やつれて痩せるんじゃ困るし。そういう痩せ方じゃないからいいですよね。50才過ぎて、太ってるとよけい老けて見えるじゃないですか。見た目にも若くなりたかったですね。


こんなに痩せられて
正直おどろいた>
 こんなに簡単にやせていいのかな、っていうのが実感ですね。なんて楽なんだと。5ヶ月で10s痩せて、燃費も良くなりました。こんな図体大きくても、この程度のカロリーでまかなえるもんなんだなって。以前は、かなりの量食べてもすぐお腹がすいて、しょっちゅう間食してましたから。
 僕がこれをやろうと思った一番の理由は、もちろん体も軽くしたかった、というのもありますが、時間を割かれる昼ご飯をなんとかしたかったんです。BOSS法にしてから、時間に余裕ができました。商売していると、時間が貴重なんでね。そういう意味ですごく助かってます。朝も、ぎりぎりまで寝てても、食事の分だけ時間が余りますから、その分早く仕事に取りかかれるんですよ。

夫婦仲がよくなりました
 あとは夕食が楽しみになりました。今のほうがずっと、夕食を前よりゆっくりとるようになったので、夫婦仲がよくなりました。 お腹がすいてるので、料理も不満なく美味しく食べられる。それもいいですよね。
 夕食後、デザートも食べてますし、ストレスは全然たまりませんね。とにかく、夕食の量はすごいんですよ。これだけ、がたいが大きいので、食べるんです。二人で4人前ぐら

い作ってるんじゃないかなあ。どんぶり飯2杯食べますから。それでも、体重減ってますからこのBOSS法はすごいなと思いますね。

胃が疲れなくて
調子がいい・・・
 生まれつき胃腸が弱くて、小さいときから正露丸飲んでたんですよ。そうじゃないと、痛くて痛くて耐えられないんです。お腹がくだっちゃって。
 それがこの方法をやってから、なくなりました。胃に負担が無いなっていうのがわかりますよ。胃が疲れなくて調子がすごくいいんで、その点がうれしいです。

朝昼晩、ハンバーガーを
食べまくってた・・・
 家業(花苗生産)を継ぐ前は、大手ハンバーガーの会社に勤めてまして、過酷な労働で76キロまで痩せたことがあります。でもそのときは、頬がこけ、目の下にクマができ、げっそりしちゃいました。
 食事もめちゃくちゃで、朝昼晩ハンバーガーを食べまくっていました。あんなに高カロリーなものを何個も食べてたのに、痩せていったんだからね。
 
 ここにきて、「どうやったの?」って聞かれるようになりましたね。僕がこんなに痩せるなんてまわりから見たら驚きだからね。それでいて体調も崩れてないし。
 体重が減って、腰や膝への負担が減ってだいぶ楽になりましたし。昔仕事で腰を痛めて、今でもよく整体にも通ってるくらいなので。

心臓・肝臓・腎臓を患って
健康意識にめざめた・・・
 ボストンの街を歩いてて心臓発作で倒れた。絵画の買い付けの仕事でアメリカに滞在していた時のこと。なんと10sちかく太って、70s超えていた。もともとライフルが趣味で、筋肉質でいい身体してたし、病気なんてしたこともなかったし、まさか自分が倒れるなんて夢にも思ってなかった!
 頭がぼーっとして、心臓がドキドキして、そのまま路上に倒れたんですよ。意識は遠のき瞳孔も開いて。普通は、それで「急性心不全」ということでパタッと心臓が止まるらしいんだけど、幸いにして死ななかった。たまたま通りかかった人が救急車を呼んでくれて。

体をこわしても、まだ
仕事に夢中で・・・  
 むこうでの食事の影響でしょう。日本だと和食中心だけど、アメリカは肉ばっかり。アイスクリームもワイングラスの5倍ぐらいのにドカッと入ってくるの。そういうのが、また旨いんですよね、こってりとして。毎日そんなのをデザートに食べてましたからね。ともかくこの30代の頃は事業に夢中でしたから。毎日帰りが夜中とか…。
 無理がたたって今度は肝臓にきちゃって。GPTとかGOTの数値が200以上にあがって、これ以上いくと入院ですよと。それでもまだ全然懲りなかった。
 突然真夜中にお腹が痛くなって、救急車を。
お父さんはのたうち回って苦しんでるのに、1歳の息子は、救急車に乗れたってもう大はじゃぎ! たまらんですよ。
 腎臓結石ってこんなにひどいもんかと、さすがにこれには懲りましたね。なんでこんなもんになったのかと、ここから関心をもちだ
して、自分の健康にたいして真剣になった。

BOSS法で7s減量してそれを維持している!
 体脂肪も落とさなくちゃいけないってことで、BOSS法の食事に変えていったんですよ。体脂肪が25%ぐらいありましたから。やってみたら、1ヶ月に1sずつ減っていって、7ヶ月で68sから61sになって、それをずっと維持してます。今はお昼をプロミクスにしてます。それにわかめサラダか、冷や奴。最近は、野菜炒めとプロミクスという
ことが多いかな。

食欲が自然とコントロールできる 
身体が良く動くし、しんどいこともない。食事が美味しいし、食べることに感謝できるようになりますよね。
 昔みたいに腹が減ったから食べようっていうんじゃないし。外でランチ食べれば600円とかとぶでしょ。そのぶん夜にかけると思えば豪勢にいいものが食べられる。そういう意味では食事が豊かになる。
 普通は食欲ってコントロールできないでしょ。BOSS法はそれができるのがすごいと思う。今までにない感覚。とにかく健康への不安がなくなりましたよね。変な病気にはならないという安心感があるしね。

BOSSウェイトコントロール法が体験できます!

健康的に「体重と体脂肪」を落としたい方! BOSS法に挑戦してみませんか。
まずは、トライアルセット(1000円)で3日間、お試しになれます。
※実際にBOSS法をやってみて、ご自分で続けられそうか? ご検討下さい。
 BOSS法は、理論的にも正しい方法ですが、まず、「ちゃんとやってみたい」という、あなたのお気持ちが大切です。専門のカウンセラーが、目標とする結果がでるまでアドバイスしていきます。
 そして、あなたが一旦、習得してしまえば、このBOSS法というシステムを使いながら、その後は、あなたご自身でも、簡単にウェイトコントロールすることができるようになります。


先月はじめてご注文された方々 これからも長いお付き合いよろしくお願い致します。疑問の点や解らない点などがありましたら、どしどし、ご質問下さいサ
北海道/鈴木さま、藤本さま   秋田県/戸松さま   埼玉県/加藤さま、金澤さま
千葉県/岡田さま、加峰さま、小原さま、佐々木さま、佐藤さま、鈴木さま、高村さま、橋内さま、吉村さま   東京都/阿部さま、田所さま、平井さま、福岡さま
神奈川県/金井さま、中川さま、花屋さま、武藤さま   長野県/相羽さま、大沼さま
愛知県/荻野さま   滋賀県/木下さま   大阪県/黒川さま   山口県/大塚さま
福岡県/緒方さま、福田さま、前田さま、山本さま  長崎県/片山さま、松井さま   
熊本県/佐野さま   宮崎県/大益さま
ィブロンズ会員になられた方々,  茨城県/神永さま   東京都/白井さま   神奈川県/三井さま,   熊本県/永田さま ,  ィゴールド会員になられた方々,  北海道/倉本さま

☆☆塩素の水を飲んでいるお友達を救ってあげよう>
「サンゴの力」を教えてくださった方々
北海道/鈴木さま、藤本さま   秋田県/葛野さま   宮城県/鹿戸さま
群馬県/青木さま   栃木県/森田さま
千葉県/有島さま、岡田さま、小川さま、金親さま、小原さま、佐々木さま、佐々木さま、須崎さま、高田さま、鳥飼さま、中村さま、吉田さま
埼玉県/岩瀬さま、加藤さま、金田さま、倉地さま、塩崎さま、丸さま、御藤さま
東京都/辻さま、筆宝さま、平井さま  神奈川県/下野さま   岐阜県/柚木さま
滋賀県/小村さま   福岡県/緒方さま、亀井さま、古崎さま、前田さま、山本さま    

サンゴの力を教えてあげるのはとっても簡単!「サンゴの力・体験キット」をハガキかお
電話でお申し込みください。お友達に代金引換(1000円)で直接お届けします。

★★そら健康法「4Life」を『トライアル』で体験できる!

ウ ェトライアルを体験なさった方々
千葉県/高村さま   新潟県/小澤さま

「珊瑚の恵」 120本 入り新発売!
「珊瑚の恵」・徳用サイズ 10月1日発売!!
発売記念ご優待 10月1日(水)〜31日(金)
期間中、15本増量プレゼント!
「珊瑚の恵120本入り」をご注文いただいた方に
1箱に1ヶ(15本入り)を
プレゼント。
 1箱ご注文で・・・
たっぷり 135本!

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ