ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」19号 2001年10月号

BOSSダイエットって何ですか??

だって、それでダイエット成功した人なんかいないよ! 
もしいたら、ぜひお目にかかりたいぐらいだよね。

最近、漁船で遭難しながら助かった人のニュースがあったでしょう。あの人は1ヶ月間ほとんど食べるものがなくて、水だけで生きてたんだね! どうして餓死しなかったんだろう? そう!そこが人間が肥満することにすごく関係してるんだ。
原始時代(1万年以上前かな?)のはなしになるけど、人類が満足に食べ物にありつけることなんかほとんどなかったんだ。何日間も食事ができないのが普通だった。それじゃぁ栄養失調で死んじゃうんじゃないか、と思うかもしれないけど・・・そこは人類はうまい機能を発達させたんだ。

食べ物に沢山ありつけた時に、エネルギー源を “脂肪”に変えて、身体のあちこちに蓄えられるようにした。またいつ食べられるかわからないからね。それが進化っていうものだ。
助かった漁師さんは、食べ物がなくても、自分の体の“脂肪”を使いながら“死亡”しなかった(シャレのつもり)。水はダメだよ、水が無いと一週間ももたないからね。

現代人は、だから太っちゃう!
「そんなに食べてないのに、どうして太るのかしら?」って言う人けっこういるけど・・・
冗談じゃない、原始時代の人類から比較したら絶対に食べ過ぎだよ。現代人には、むしろ「飽食の時代」っていわれるぐらい食べ物が溢れかえってるのが問題なんだ。
現代人といったって、1万年ぐらい前の人類とそんなに身体は進化してるわけでないから、そこで困ったことが起きてくる。

●食べ物が目の前にあると、“できるだけたくさん食べとかなきゃ”という原始時代の飢餓の本能が無意識に働く。だから人間の本性はというと、実はかなりガツガツしている。
●体に脂肪をため込む機能が発達しているから、カロリーの摂りすぎで、体内の脂肪がどんどん増加していく。
●本能的には食べることで安心できる。だから現代人のストレス解消が食べることになりやすい(とくに女性の場合)。

本能から外れてるからダイエットに失敗する!

「夕食を少な目に」や「腹八分目」。そんなことできるわけないだろう〜。原始人にそんなこと通用すると思うかい? 目の前に食べ物が沢山あるのに我慢しとけって・・?
かえってストレスになって脳の機能がマヒしちゃうよ! 本能に反するようなことは続かない、続けてはいけないことなんだ!
「3食をきちっと食べなさい」。これも後で詳しく説明するけど、毎日、3食きちっと食べられた原始人なんて存在しないよ!

「3食主義」の学者は、必ずネズミやマウスの実験結果をそのまま持ち出してくるんだ。そういうのを“机上の空論”っていうんだ。
たとえば、ネズミは夜行性だよ。それにネズミに必要な1日のカロリーを人体に換算すると、何と!チーズバーガー千個分ぐらいになる。ネズミはしょっちゅう食べてないと生きていけないんだね。だからネズミと人間を比較するなんて大間違い。ナンセンスだよ!

運動でやせたいと思う?
「運動しなきゃ、と思ってるんですけれど」。
ーあっ、そうですか。どうぞおやり下さい。ただし脂肪1s減らすのに、フルマラソン(42.195q)を2回走るぐらいやってくださいね。「運動した後、1sぐらい減ってるようなんですけれど、すぐに戻るんです」。ーそりゃあ、そうでしょうね! 汗の分が減っただけだから。水飲んだらすぐ元に戻りますよ。
だから運動でやせようったって無理!

3食だからやせられない?
人類は、3食しっかりと食べられるような身体にはなってないのだ。歴史的に調べてみても、3食まともに食べられるようになったのは江戸期以降なんだからね。

〈日本肥満学会〉では、減量するための1日のカロリーは、女性で1400kcal、男性で1600kcalだといっている。3食で割ったら女性の場合、1食あたり466kcal!ーいったい何を食べろっていうんだ?
3食とも、たぬきそば1杯か、ハンバーガー1個ぐらいにして下さい、っていうことなんだよ!

あなたなんか、こんな食事耐えられないでしょ? もっと、もっと食べてるよね。 でも、だからデブっちゃう! あぁ、悪循環だなぁ〜。

シニア世代ほど、BOSSダイエットをおぼえてほしい!
「若いときはスリムだったのに、最近ヤセられなくなっちゃって?」 
ーその理由はね、年とってくると基礎代謝量がどんどん落ちてくるからなんだ。つまり内臓なんかが不活発になってカロリーの消費量が少なくなってくるんだね。体の動きも悪くなってくるしね。
だいたい現代の食事のカロリーっていうのは高すぎるよ。年齢が高くなっても、摂ってるカロリーは若い人とそんなに変わらないもん。中高年太りになるのが当たり前なんだよ!

ところで近頃の、ご婦人達の食べっぷりには驚くよね! ファミレスなんかでの昼食を見ていると、ハンバーグ定食! その後に何とかパフェなんかオーダーしてるのね>
ーそれだけで1400kcalぐらいになっちゃいますよ! お友達とダイエット談義に花を咲かせてるけど、帰ってから、どうせまた夕飯食べるんでしょう。それじゃ、やせるわけないじゃないですか・・・って声かけたいぐらいだよ。

シニア世代ほど、ちゃんとしたダイエット法をおぼえてほしいね。もちろんカッコもよくて、若々しくなれるし(どんな高い服買ったって、肥満体には似合わないよ)、それ以上に健康が問題だよね。
 
肥満は確実に寿命が縮まる!
肥満するとね、高血圧、糖尿病、高脂血症が、がぜん増えてくるんだ。それにもっと恐いのが動脈硬化だ! 心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす最大の危険因子でしょ。
肥満に骨粗鬆症が重なったら悲惨だよ! 重い体重に負けて足の間接を痛めたり、骨折しやすくなるしね。最近とくに、中高年層で足を悪くしている人が目立つね(これも女性が多い)!

“隠れ肥満”もかなり多い!
自分は体重が正常だ、なんて思っている人でも、中高年層には“隠れ肥満”がすごく多いんだよね! 体脂肪率が女性で30%、男性で20%越えるようだと、立派な脂肪過多症(隠れ肥満)だよ。この方が、普通の肥満よりさらに危険なんだ・・・内臓のまわりに脂肪がぎっしりだからね。

BOSSダイエットって何?

もうわかってくれた? 人間本来の身体の働きや、とくに欲望など精神面のことも考えてつくられたのがBOSSダイエットなんだ! 体験してみないと本当のところは理解できないかもしれないけどね。
その特徴をおおまかにいうと・・・
夕食をたっぷりと、おいしく食べられるようになる。 栄養バランスが理想的になる。 健康になる。 一生、スリムでいられる方法がわかる。 
っていうところだね。 
シニア世代のダイエット法として、BOSS法は理想的だ!

BOSSダイエットで健康の概念が変わった

4ケ月で72s→66sにダウン

「それ、最悪!最悪の食事です」って・・・新藤さんに言われたとき
新藤 きっかけは? 私が(神田)先生に勧めたんでしたっけ?
神田さん 新藤さんに、食生活が乱れていると指摘されて。1回じゃ僕はたいして動かないからね。電話や会うたびに痩せたほうがいいですよ、ってチクチク言われた。
でもねコンサルタントていうのは多少太ってたほうが、かっぷくがよくていい、とずっと思ってたわけですよ。だから、やせようという意識はなかった。
確かにやせてはいないけど、今まで着てたスーツが着れなくなったわけじゃないし、まあちょっとお腹に肉がついてきたなあ、ぐらいで・・・。高校、大学まで 63sで、それがどんどん増えて67sになり、70s超えたあたりでもう体重見るのが恐くなった! だから実際には72sぐらいあったと思うんですよ。

ある時、新藤さんにどんな食事してるんですか?ってきかれて、朝はマック(マクドナルド)かミスタードーナツ、昼はマックか中華料理、ラーメン、チャーハン、時には牛丼、それも4時ぐらいになっちゃう、って言ったら「それ、最悪!最悪の食事です」って。 
「このままじゃ大変ですよ」って新藤さんに言われたとき、あと3年このままの生活したら40代の自分の姿は醜いだろう、とその瞬間、切実に感じたんです。それで、じゃあだまされてやってみよう、と思った。

それで、始めてみたらメッチャ腹減るんだよね。朝食べないだけでも腹減るのに、昼もでしょ、気が狂いそう。しかも家帰ればまだ食事もできてなくてイライラ。いやあ、これどうするっかなって。はじめの3週間めちゃくちゃきつかった。
新藤 それまでの食事が先生相当ひどかったですもん。(笑)
神田さん それからすぐ仕事でアメリカ出張があって、その時もプロミクスちゃんと持ってってやった。
つきあいで食べることもあったけど、ヘビィーな食事(肉とか)は1日1食にして。そんなかんじで続けて、3週間たつともうそれが快感。要するに腹減るのが快感なの。かえってお腹いっぱいだとダメで、適度に減ってるほうが調子いい。仕事もイライラすることもなくなった。
はじめのうちは夜徹底的に食べる、みたいな傾向があった。夜はなんでも食べていいですよっていわれてたし、腹減ってるからステーキとか見ると食べたくなったり、こってりしたものがすごく食べたくなった。肉の消費量が異常に増えましたよ。だけど今はそんなこともないねえ。無理やり詰め込もうともしないし、ふつうに食べれば満足。3ヶ月ぐらいかかったかなあ、そうなるまでに。
でも、それで気づいたことは何かっていうと、僕胃が悪かったんですよ。いつも胸やけがして、ガスがたまったかんじだったのが、一切無くなったね。まあ、一種の職業病かも、神経使うから。それとね、便がね、これが良くなった。
新藤 前はどうだったんですか?
神田さん 固いのが出ることがなかった。いつもゆるかったんですよ、子供のときから。それがプロミクス飲んで、翌日だったかな。コロッとしたのが出て、うそだろ!みたいな。色、形、固さは変わりますよね。スルッと毎日出るし、ほんと便通は良くなった。これだけしか食べて無いのになんでこんな出るの?って。それから、髪がサラサラになった。もともと脂性で夕方になると髪がギトギトだったのがなくなったよね。

新藤さんのおかげです
鬼の指導がなければ・・・神田さん セミナーとか人前でしゃべるのでしっかり食べないともたないんじゃないかと以前は思ってた。
今は朝プロミクス飲んで午前中講演やって、昼休み中ずっと質問受けてて、プロミクス飲んでぶっ続けで6時までしゃべりっぱなしですから、まあ皆さんびっくりしますよね。え〜食べないんですかあ、って。経営コンサルタントという職業にとってはコレ非常にプラスです。ここまで一生懸命やってくれるのか、というイメージアップになってる。

だって本当にさ、日常で仕事できる時間って少ないじゃない。どんな経営者でも同じだと思うけど、昼の12時から1時ってみんな仕事してるんですよ。時間が有効になりました。 
新藤さんのおかげです。鬼の指導が無ければ・・・。
新藤 私そんな鬼の指導したつもりないですう。愛情ですよ。先生は世の中の為になる人なんだから病気しちゃあ困るんですよー。
神田さん いや、嬉しいですよ。健康に関する概念は変わりましたね。健康がほんとに

ベースだなって。そのまたベースが食生活なわけだから。これは極めて重要だなあと。経営者だって、健康じゃないと話にならない。
新藤 私なんかは職業柄いつも人と会うとそういう目で見ちゃうんですよ。パッと見てこの人はどれぐらい健康かなって。以前の先生は、このままでいくと危ないのにな、って感じました。顔色とか、体型とかなんか心配だったですよ。前はちょっと赤ら顔でしたけど今治りましたよね。血圧高くなかったですか?
神田さん うん高かった。上が140とか。下も100こえてた。
新藤 えっ先生の歳でー。高いですよね。そのまま40代になったらどうなっちゃってたか。
神田さん 下が100こえた時にはびっくりしちゃって、いちじね、フラフラしたことあったんだよね。でも医者行っても、これでも正常値とか言われて。
新藤 えーっ、なんて医者!

神田さん 医者ってさ、病気にならないとケアしてくれないじゃない。薬も出ないし、ちょっと血圧高めかなあ、でおしまい。でもなんでフラフラするのかなあ、って。独立したばかりで仕事もうまくいくかな、とストレスも多かったしそのせいかなと思ってた。
今は上が110ぐらいに下がってけっこういいかんじになったよね。昔から顔が赤くていやだなあって思ってて、そういった面では、今までずっと蓄積してきたコンプレックスや身体の悩みっていうのはかなり無くなった。40代まであれで不摂生やってたら倒れてたね。
新藤 大事な人には言いますよ、もちろん!こんな知的な先生がなんで食生活はめちゃくちゃなんだろう、って思いましたから。

習慣が根付くまでには時間がかかる

神田さん 人間ってね朝ちゃんと起きられれば健康と思っちゃうわけね、痛みとか症状がなければ。でもそれが大きな間違いで。だって痛みが無くったってパフォーマンスに影響与えるわけだから。活力が無いわけだから本来であれば1日10できたことが5しかできない。
前は仕事だけ一生懸命やってればいいやと思ってて、仕事で疲れてるから子供に騒いで欲しくないとか、遊んでやれない、とかあるわけじゃない、言い訳って。それが元気になっちゃったから、言い訳言いようがないよね。今はね、10時頃子供が寝てから、1時間ぐらいばーっと仕事をして、そしてガッと寝て、朝早く起きて、なんてことが出来る。少し子供と遊んであげようかなんてゆとりができて、変わったよね。

新藤 あと、痩せられたってことが自信にもなるっておっしゃってましたよね。
神田さん そうですね、一番学びになったのは、何事も新しいことをやるのには、はじめはつらいんだってこと。だれでも、成果があることを習慣化する場合には、習慣が根付くまでには時間がかかりますよね。
だけど、根付くには、たかが3週間ぐらいしかかからなくて、その間やめたくなることは時々あるけれど、そういうものだというふうに意識していれば問題ない。そして3ヶ月後には、むしろこういう生活じゃないと気持ち悪いくらいになる。
何事もとっかかることは抵抗があるけど、

たかが3週間、それさえ乗り越えればラク。

新藤 先生わりとすんなりと素直に、これで痩せるのね、これだけ飲めばいいのね、ってかんじでしたよね。私BOSS法の理論とか説明しました?
神田さん いいや、「プロミクスを飲んでください、夜は何でも食べていいですから」、って。
あのね、痩せたいっていうより、肥満になりたくなかったんですよ。超肥満、ようするにデブデブになりたくなかった。だけど、40才までこの生活スタイル続けると明らかにそうなるよね、ってことがわかった。そちらの恐れのほうが強かった。
あと異性に、かっこいいとまではいかなくても、魅力的な40代になりたいじゃあないですか。自分がデブデブになった時、魅力的かって考えたら答えはノーだったわけですよ。いかにもギトギト、ぽっちゃりの中年っていうのに嫌悪感があって、ほんとに単純な話ですよ。僕はそのスイッチかかれば早いんですよ。けっこうどんなことでもやり遂げる。

健康に関する概念が変わった

新藤 健康に関する概念が変わったっておっしゃいましたよね。
神田さん 僕だって、以前胃が悪い時に、病院行ってチェックしてもらっても「健康」なんですよ。医者のいう健康っていうのは病気が無い状態じゃないですか。でも病気が無くったって活力が無いわけだから。
そうすると、1日をよりアクティブに過ごすエネルギーが得られるかって考え直すと、今までの食生活は極めてずさん。
新藤 あのお、必要必然でそういう食事になってたわけじゃないですか。好んでじゃなく、しょうがないからコンビニ食になってた。食べてるものが身体に悪いとか、意識は無かったんですか?
神田さん ないですね。タバコ吸ってる人がタバコは有害だと思ってないのと同じで。 でもこれ始めてからコンビニ、ファーストフードはほとんどゼロですよね。コンビニが食の楽しみかっていうとそんなことないんですよね。そういった面では手作りの食事が楽しめるようになった。

いゃあ、ほんと調子いいですよ。このプロミクスっていい製品ですよねぇ。もっとアピールした方がいいですよ。僕もこれからずっと使っていくつもりだし。
こうやって、ずっとやせていっちゃうってことないですか?
新藤 ないですよ。その方にとって正常な体脂肪になったら、そのまま維持されます。
神田さん 体脂肪からいくとあと2〜3sだね。そうすると身体に悪い「内臓脂肪」もとれるよね。うん、がんばる。

「人間は・・・賢いと思う?それともバカだと思う?」

「24時間テレビ」の“徳光さん”って知ってるよね。ウルルン滞在記なんかでも司会やってたけど「テレビに出なくなったなぁ、病気でもしたかな?」と思っていたら案の定、心臓病で入院していたようだ。
退院後に「一歩間違えば手遅れだった!」という見出しで、そのことが新聞に載っていた。

徳光さん曰く・・・「ツキもあるし、両親も長生き。DNAのおかげで、どんなむちゃをしても長生きできると思いこんでいた」。仕事を終えれば仲間と徹夜マージャン。一日80本の喫煙。食事は楽屋で店屋物をとり、深夜に脂っこい焼き肉ばかり3人前も食べた。
「不養生」を地で行く生活。「健康法は?」と問われれば、「そんなことを考えること自体が不健康」と言い放ってきた。
ところが心筋梗塞で倒れてから意識が一変!  退院後、禁煙したうえに体重を10s減量! 「心身が健全であること、心安らかであることがどれだけ大切か、同世代にも訴えていきたい」。と、〈今更ながらに〉語っている・・・。

彼は立教大学を卒業して日本テレビに入社、今年還暦をむかえた。われわれ一般人からすれば有名人でもあり、経験も豊かでかなりの知識や分別を持った人間のようにも思える。だからこそ彼の言行は世間に対して少なからず影響があり、そのぶん社会的な責任も重いはずである。
しかし、今まで彼がやってきたことは無責任の極みではないか。そこで、いったいこの人は賢いのか、それともバカなのか?  
あなただったらどう思う? 私なら「バッカジャなかろか・・・運良く死ななくてよかったけれど、ツキもそうは続かないよ!」と言ってやりたいぐらい。

「そんな無駄なこと!」
と言ったご本人の結末・・・  私の母親は大正10年生まれ、今年で80歳になる。現在、60年やってきた洋裁師の腕をいかして “お直しの店” を開いている。3人のパートさんを雇うほどに繁盛しているから結構なことである。けれども私からすればやっぱり年齢が心配である。
「もうそろそろ辞めたら?」というと
「私の生き甲斐だからあと10年やる」とほとんど意に介さない。母親とは別居暮らしで距離も離れている。そこで、なにかあったらいけないと思って最近セコムに入った。 
ところで、母親の15年来のお得意さんで、駅前でブティックを開いているママさんがいる。このママさん、年齢は60歳半ばで一人身である。ワールドの専門店として高級品を扱っているものの、ママさん一人が切り盛りしている小さなお店。そこで、お節介な母親は早速このママさんにもセコムをすすめた。

「そんな無駄なこと!」とニベもなかった。
さて後日、ママさんのお店へ、仕上がった洋服を母親のところのパートさんが届けに行った。ところが、そのママさんが苦しそうに寝込んでいたというのだ。驚いたパートさんは母親に電話をした。母親も危険だと感じてすぐに救急車を呼んだ。一命はとりとめたが心筋梗塞だった。

たまたまパートさんが行ったからよかった。もう少し遅れたら命はなかった。
このママさん、仕事柄、いつも、ん!十万円もするような高級服ばかりを着ている。お客さんとの派手な付き合いもあると聞いていた。だが毎月8千円ばかりのセコムの支払いは惜しんだ。
数日前に退院してきたそうである。けれども20年以上続けてきたブティックは閉店するらしい。 「そんな無駄なこと!」と言ったご本人の結末がこれである。
さてあなたは、このママさんのことを「バカだなぁ〜」と思えるだろうか? 
なんとも世の中、金は惜しんでも自分の生命を惜しまない人達が大勢いるからね。

「もう治ったので・・・お返しします」

何年か前に、広島に住む二十歳ぐらいの女性で「生理が止まって困っている」という相談があった。

「体質改善」、といってもその人の環境改善を目的にしているのが“そら健康法”である。そのことを彼女は理解したのだろうと思った。なぜなら割引特典(その頃は、まとめて購入する割引制度があった。現在はありません)を利用して4ヶ月分まとめて注文してきたからだ。
1ヶ月ぐらい経ってからまた連絡があった。「生理が治りました!」とすごく喜んでいる。 ついでに「もう治りましたので使っていない分をお返しします」ときた・・・!
なんと若い子のドライさというか、少し唖然としたが、それよりも「やっぱりわかってくれてないんだなぁ」という苦い気持ちを味わった。もちろんすぐに返品を受け付けた・・・・・・ 注意!そらは治療院ではありません。

「えぇ〜い、もう勝手にしやがれ!」
「お陰様で良くなったんですけれど、続けないとダメですか?」という質問。
「なぜあなたが病気になったのか、その理由はコレコレなんですよね〜」、 「だから、あなたの体の中の環境を改善すると、本来の生命力が甦蘇って・・・ウンヌン」などと、さんざん説明したつもりではある。
「好転反応はですね〜、副作用とは違って、あなた自身の身体が起こしていることなんですよ。 だから製品のせいではなくてね・・・ ウンヌン」といくら言っても、
「でも、それが恐いからイヤだ!」。

「えぇ〜い、もう勝手にしやがれ!」と叫んでみたくなるが、そうは言えないのが仕事の辛さである。どの仕事にも因果はある・・・。
と、考えれば喜んでくれている人達の顔が想い浮かぶ。「人間そう捨てたものじゃぁない・・・」と気を取り直して、「健康4原則」を全国に向けてお伝えしている毎日です。

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ