ミネラルウォーターを手作り出来る・サンゴの力/そら通信

 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

「そら通信」1号 2000年4月号

          株式会社 そら 2000年4月号 Vol.1

「カルシウムが出発点だった」わたしの健康

「えっ、なんで?」わたしの骨密度が50歳ぐらいになっている。「えー、ウソでしょう」、だって、その時のわたしの年齢は27才。本当に信じられないくらいでした。
体には絶対自信があったんですよね。なぜって、想像つかないかもしれないけれど、こうみえても体育大学出身。なにが得意って、運動に関してはダントツ。卒業後は、都心の高級スポーツクラブでインストラクターになった。有名タレントや政治家も通ってきて、年齢層も高いので、スポーツよりも健康のための体力づくりを教えるっていう感じ。そんな立場だったわたしの骨がもうボロボロに。大ショックだったですよー。
  
でも、いまになってわかったことだけれども、健康に関する本質的なことを何も知らなかった、んですよね。体育大学でも筋肉を鍛えることは教えても、体にとって大切な栄養のことなんか、あまり教えてくれてない。かんじんなことなのに・・・。

ちょうどそんな時にサンゴのカルシウムに出会った。最初に知ったきっかけは、サンゴでミネラルウォーターができる、というので実験なんか見せられて・・・。試験液入れて水がブルーになったら、アルカリ性の水になるーグジャラ、ムジャラ。それはサンゴのカルシウムのせいだぁー、とかなんとか。「へーっ?」ていう感じですよ。

だけど、“カルシウムが水に溶けて吸収性がよくなる”ということには、ひっかかった。なにせ不安がありましたから。そうすると、いろんな疑問が生まれてきて・・・。
じゃぁ、牛乳だってカルシウムが溶けているはずだから、吸収性はいいわけで、牛乳をしっかり飲んでいたわたしが、なぜ・・??
それを聞いてみると、カルシウムにもいろいろあって、牛乳にはリンがあるからーグジャラ、ムジャラ。えーっ、難しそう。

「君、体育大学でこういうこと教えてくれないの?」と、軽蔑されたようなキツーイひと言。心の中で(うふん、よし勉強してやろうじゃないの!)、本心は(じゃぁ、わたしの骨どうしたらいい??? 教えてー) と、いうわけでしっかり勉強するハメに。とほほ、もっと早く勉強していればー。

〈入門編〉
質問その1−なぜ、日本人に1000、万人以上もの骨粗しょう症患者がいる、のか?それも女性が男性の4倍。

答え
@日本は火山国、酸性土壌でカルシウムが少  ない。だから野菜などにもあまり含まれ ていな くて、宿命的なカルシウム不足になっている。
A閉経後には、ホルモンの関係から骨からカルシウムが溶かし出されやすくなってくる。
(いつも女ばっかり損してる感じじゃないかぁ・・でも男より長生きできるからいいか)
質問その2−牛乳や小魚のカルシウムは?

答え
@カルシウムはリンがあると吸収しにくい。牛乳や小魚にはリンが多く含まれている。
A酸性食品とは、リンが多くてカルシウムが少ないものをいう。たとえば肉は代表的な
 酸性食品。加工食品にもリン酸塩が多量に使われるので酸性食品になる。だから現代
 人はリンが過剰な状態。リン酸カルシウムでは、カルシウムの補給にならない。

質問その3・・・「じゃぁ、カルシウムの錠剤を買ってきて飲むしかないって, いうことですか?」

答え
@「その通り」、現代人(いまの日本人)には、普段の生活の中でカルシウムを補給する 方法は非常に少ない。だから積極的に摂る必要がある。
A市販のカルシウムにもいろいろな種類がある。しかし、そのほとんどに問題がある。
 ・骨を使ったリン酸カルシウムが多い。
 ・貝殻のカルシウムには、人工処理されているものが多く、体の中で固まってしまうよ  うなカルシウムになっている。また、近海で採れるので汚染が心配。
・イオン化カルシウムは過剰吸収が問題。

うぁー、これで入門編ですか? 頭がボーっとしてきた。これから先が思いやられる。今日はこれくらいでカンベンして下さい。ともかく水でも何でもサンゴを飲めばいいんでしょ(注意:ミネラルウォーター用の「サンゴの力」は、直接口には入れられない。そのまま食べるには、専用の「カルスティック」がある)。もーイイです。何でも言うとおりにしますから、というのが8年前・・・。

現在は、毎日1500r(厚生省の基準では1日600rだけれども少なすぎる)
のカルシウムを摂っています。まだまだ入門編が続きそうですね。じゃぁまた、お
話したいと思います。
(そらスタッフ新藤)

私のBOSSダイエット

小学生の頃は、「デブ、デブ」ってよくからかわれました。だからデブって言われるのがとてもやだった。私は浅草生まれで小学生の終わりまではそこで育ちましたが、いま考えると昭和30年代始め頃の東京では、食料事情もあまりよくなかったせいか、やせている子が多かったように記憶しています。だからデブが大変に目立った。でも、今のような肥満児ではありません。今だったら目立たないぐらい。
肥満をとても気にしていたから、中学・高校生時代は自分ながら食事制限などをしてダイエットしていた。大学を卒業して結婚する前までは標準体重を維持していた。ところが結婚して30歳を越す頃になるとだんだんと体重が増えてきて、40を過ぎた頃には10s以上のオーバー。どうしても下がらなくなった。

不思議なもんですねぇ。中年おじさんになってくると、肥満が気にならなくなる。だから出っ張った腹していても、自分が太っているなんてほとんど考えない。他人から「太った」なんていわれると少しは気にするんだけれども、図々しくなってくるのかなぁ? 
本心では“スリムでかっこいい”のがいいに決まっているけれど、やせられない。もともと食べるのが大好きで、お酒はあまり飲まないけれど、 食べ歩き、というのを結構やっていた。名古屋コウチンを食べるために、わざわざ名古屋まででかけていったりして・・・。
過去に我流ダイエットで食事制限していた反動か、よけい食べるようになってしまった。

“肥満にならないため夕食を少なくする”なんていうのは、どうしても納得がいかなかった。だって、子供の頃から一家団らんで、しっかり食べていたし、夕食を制限するなんていうのは、聞いたこともない。それでもいまのような肥満はほとんどなかったですよ。

健康の仕事に関係するようになってから、いろいろなことがわかってきた。“夕食を制限して朝食をしっかり食べなければいけない” いったい誰が言い出したんだろう、これねー。 この根拠を追求していくと、マウスの実験に突き当たるんです。1日の食事回数をいろいろ変えたところ、回数の多いほど肥満がなくなって、回数が少ないといっ気食いで太るっていうんです。ちょっと待ってくださいよ!マウスは夜行性、しかも食習慣までマウスと人間と同じに考えちゃうんですか? それでもデータをよく見ると、実は1日1回の食事回数にした方が、マウスでさえも一番のダイエットになっている。
そのような時にアメリカの最新研究などの情報に出会いました。現代肥満が起きているいくつかの重大な原因は、現代食環境とストレス、そしてダイエットに対する間違った常識だということがハッキリしてきた。BOSSダイット誕生のきっかけになったわけです。
自分じゃ、かっこイイと思ってんだからねー。 こんときにぁー。
 
<体重75s、体脂肪率24%ぐらいか>


「ダイエット」

BOSS(Brain oriented Obesity Slenderizing System:脳指向性肥満改善システム)
1.夕食が最も大切・・・人類進化の過程では、夕食が重点になっていた。だから夕食を制限すればストレスになり、食欲中枢脳のマヒにつながってくる。人間の生理作用(自立神経)からすれば、朝食を多く食べることに弊害がある。
2.現代肥満の原因・・・@現代食の問題:カロリー過多と栄養不良、アメリカナイズされた食事 Aストレス:食欲中枢脳のマヒによって食欲が止まらない  B間違った食習慣:朝食重点主義、不規則な食事、夕食の軽視、インスタント化など。
3.BOSSダイエットの役割・・・現代社会の中で肥満の原因を取り除くことはかなり難しい。食欲の充足、栄養とカロリーのバランス、ストレスの解消など全てに対応できるシステムが必要となってきた。これがBOSSダイエット

BOSSダイエットを開発してから、私自身、早速実行してみました(平成8年1月)。
当時の記録がとってありますが、4ヶ月間で約9sの減量に成功しました。
始めの1週間ぐらいは、お腹が空くような感じがして馴染めないところがありましたが、すぐに慣れてきました。それよりも、いままでのようなお昼頃になるとボーっとして眠くなったりするのがなくなって、起きているときは頭がいつもスッキリするようになった。これには、びっくりしたというか、助かったというか。
最初の1ヶ月間ぐらいは目立った効果はでてこなかったが、体重が減るときはストンと落ちる。効果が出始めると楽しくなってきますね。なによりも嬉しくなったのは、夕食をいままでよりもしっかり食べられること。夕食が待ち遠しくて・・・。当時の夕食のメニュー(外食が多い)を見ると普通の1.5倍ぐらい食べている。今もそうですが。最終的には(6ヶ月間で)、10sの減量になった。

スリムになれたことが、こんなにも楽しいっていうことが、あらためてわかりました。いま流行の3つボタンのスーツが着られるし(以前はダブルばっかり)、ジーパンもなかなか似合うようになった。トシに関係ないですね。
体ももちろん軽い。もう5年目に入りますが、BOSSダイエットは、いまもそのまま続けています。昔の中年太りに戻るのは恐いですからね。健康の面からも。

ダイエット(前)   ダイエット(後)
身長172p 体重74s 体重64s 体脂肪率15%

私のダイエット経過(平成8年に記録)
74s(1月15日)   64.8s(5月18日)
スムーズには体重がおちていかない。ジグザクしながら10日間で2sストンというのもある。

最近の健康診断では、「あなたの年齢(今年で52歳)にして、こんないいデータの人は珍しい」と医者から誉められました。このダイエット法にますます自信がついた。世の中では、あまりにもいい加減なダイエットが氾濫していますよね。また、一方で肥満が生活習慣病の原因として大きな問題になっている。このような状況の中で、この素晴らしいダイエット法をお伝えしていくことが、私の重要な仕事だと思っています。一人でも多くの方に体験してもらいたいですね。

いひゃー、すごいですね。この夕食の食べ方。右の表は、BOSSダイエット期間中の食事内容をつけていましたので、その一部の紹介です。
夕食を中華料理にしたときの例(紹興酒2本飲んで、ピータン豆腐、青菜の炒め、酢豚、春巻き、餃子、チャーハン)ですが、これでも1500kcalどまり。1日の栄養補給は、プロミクス5やエクセルがあるからまったく心配ない。だから夕食を好きなように食べられる。私にとっては、これ、すごく嬉しいというか、生き甲斐がありますよ。
朝にお腹が空くなんていうのは、前の日に夕食をしっかり食べていなかったか、普段の栄養補給に問題がある証拠。これだけしっかり食べられたら空かないもの。BOSS法は、だから今もやめられない。これからも続けていきます。            (そら 理学博士 永島 昌和)

 
 <b>ミネラルウォーター</b>をつくる「サンゴの力」そら通信目次ページ 

トップページ 「サンゴの力」って何? 賢い使い方 Q&A 体験キットご紹介・お申込 ご注文フォーム
沖縄長寿の秘密は水にあり 水道水を沸かすとこうなる ミネラルウォーター・浄水器ホントの話
味と吸収を左右する水分子 老化させる水と若返りの水 体にいい水・5つのポイント
特定商取引法 会社概要 お客様の声 メールマガジン
そら株式会社 sango@soramesse.co.jp
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: フリーダイヤル 0120-54-8224 FAX:フリーダイヤル 0120-54-8229
Copyright 2003 SORA Corporation. All rights reserved.
サンゴの力トップページへ